« 党首討論 | トップページ | ちょっとお休み »

2005年10月27日 (木)

節目に想う

子曰、
吾 十有五にして 学に志し
   三十 にして 立ち
   四十 にして 惑わず
   五十 にして 天命を知り
   六十 にして 耳順い
   七十 にして 心の欲する所に従えど
            も矩を踰えず
                                                                          -論語より-

 

 今日 十月二十七日は 私の五十一回目の誕生日である。
孔子の人生とは比べるまでもないが、我が身を振り返ってみると
   15歳 高校進学
   23歳 大学卒業・就職
   28歳 愛媛県議会議員初当選
   33歳 結婚
   49歳 参議院議員 初当選

 28歳で政治家としての志を立てて その道を歩み始め、49歳で これが天命かどうか、 地方政治家から国会議員へと 進むことができた。
人生には、年相応の節目があり、逃げることなく立ち向かう精神を磨けば、見事な年輪となることを 孔子の教えに見出すことが出来る。
 これから一歳ずつ齢を重ね、60・70歳と人生の節目を迎えるわけであるが、孔子の生き方を目標にしつつ 節目・節目で納得のできる人生を 自らの責任のもと、我が身の運命に逆らうことなく 送りたいものである。

ページの先頭へ戻る

« 党首討論 | トップページ | ちょっとお休み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 党首討論 | トップページ | ちょっとお休み »