« 学校教育特別委員会 | トップページ | APPU視察 »

2006年2月 8日 (水)

今日の教育論

 ところで、 本日(2月8日)は 午前8時より文部科学部会・文教制度調査会合同会議が党本部で開かれ、中教審における学習指導要領の見直しに関する審議状況についての説明がありました。

見直しの視点①として、人間力の育成を掲げ、国語力、理数力など確かな学力の育成と自然・社会体験などによる社会的な自立の推進等を、 

見直しの視点②として、学校教育の質の保証を掲げ、検討がなされているとのことでした。

 それにしても、文科省及び中教審の教育改革の方向性には、長期的視野に欠ける面があり、

 「ゆとりの教育を推進していたのに、気がつけばゆるみの教育になっていた。これは大変だ。学びのすすめという通達を出す。 それでも まだ 子ども達の学力が国際比較において低下傾向が続くので、確かな学力の育成をめざそう。
 総合的な学習は十分効果をあげているのだろうか、その見直しを図らなければならない。
いやいや 子ども達の健全育成には総合学習は必要だ。等々」

 本日も これからの教育について、多数の建設的な意見が各議員から提案されました。
まさに、百家争鳴の感があります。

 私は、教育内容とは別に、文科省の改革への姿勢・意気込みについて 改めて、質問しました。
 特に 学校週5日制について、文科省は国の仕組みとして定着しているので維持するとの考え方です。しかし、確かな学力の育成 特に 読解力や理数系の教育を充実すると共に、総合的な学習の推進による 人間力の向上をめざすという二兔を追うためには、土曜日や長期休業期間の活用は避けて通れないポイントであると思います。

 学校週5日制に対する こども達や保護者の考え方と 文科省及び教員の意識に隔離のみられるところですが、教育の抜本的な改革をめざすためには、すべてを一旦 白紙に戻し、必要な考え方や 手法を一つ一つ再構築していくくらいの意識改革と 大胆な発想の転換こそが 今 求められているのではないでしょうか。
 こんなことを偉そうに発言させていただきました。 

ページの先頭へ戻る

« 学校教育特別委員会 | トップページ | APPU視察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学校教育特別委員会 | トップページ | APPU視察 »