« ロケット打ち上げ成功! | トップページ | 倉本 聰 »

2006年2月22日 (水)

今国会初の党首討論

 本日 久しぶりに党首討論(クエスチョン・タイム)が開かれ、小泉総理と前原代表との舌戦が繰りひろげられました。

 自民党武部幹事長への資金提供を示唆する 堀江メール問題に関連して 小泉総理は「メールの信憑性が確認できない段階で、個人名をあげて 国会の場で非難する行為は 国会議員としての品性を疑わざるをえない。 ガセネタか、本物かを証明するのは、その情報をもとにして一方的に個人批判した民主党(永田議員)の責務である。」

 これに対して 前原代表は「資金の出と入りの両方の銀行口座名及び口座番号を出す用意がある。 ただし、我々野党の立場を勘案して、国政調査権の発動とセットでなければ 公表できない。」

 皆さん前原代表の話は、何か変だと思いませんか?

少なくとも、公の場で他人を誹謗中傷した場合 その理由となる証拠を明確にするのは、人の道として、当たり前のことであり、その証拠を国政調査権の発動を条件としてのみ公表するという理屈を 滔々と主張する 前原代表に対し、何やら 違和感をもつのは私一人だけではないと思います。

 民主党は、どうなっているのでしょうかねぇ。


 

ページの先頭へ戻る

« ロケット打ち上げ成功! | トップページ | 倉本 聰 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロケット打ち上げ成功! | トップページ | 倉本 聰 »