« ”涙”学 | トップページ | あ~忙しい »

2006年3月 3日 (金)

さあ 参議院の予算審議が始まる

 昨日(3月2日) 来年度予算案が衆議院本会議において可決され、いよいよ私達 参議院に送付されてきました。

18





小泉総理の答弁に耳を傾ける委員メンバー

 







 早速 予算委員会が開かれて 与野党間における激しい論戦が行われると思われている方には、本日(3月3日) 終日 決算委員会が開催されテレビ中継されていることを 奇異に感じられたかもしれません。
 実は 参議院は 衆議院とは違い、予算審議よりも決算審査を重視する、
そして、その結果を次年度予算に反映していく、という方針を定めており、このことが参議院の独自性の確保・二院制の重要性の再認識の裏付けとなっているのです。

IMG_0439












  従って 本日の決算委員会で前年度の決算審査を通じて出された警告決議や特別会計の無駄を十分 勘案した上での審査を重ね、来週 6日以降の予算委員会の質疑を より充実した内容にしていかなければなりません。

 ところで、衆院予算委員会においては、永田議員の偽メール問題による騒動のため、本来の重要な課題を巡る論戦が十分なされなかったように思われます。

IMG_0445





熱心に答弁する小泉総理

 
 






 民主党の一連の国会対応は まさに自滅を招き、政権をめざす政党としての信頼性を失う結果となりました。

 そのため、今国会に対決型の戦術で臨んだ民主党は、ライブドア事件・耐震強度偽装事件・米国産牛肉の輸入再開問題・防衛施設庁官製談合事件の「4点セット」についてすら 政府・与党を十分に追求することができませんでした。

 私達は、この「4点セット」の事後対策について適切に対応し、法の抜け道に対する厳しい監視体制の強化や証券取引法・建築基準法の改正 また 世論の天下りに対する反発への対応策 等々について 参議院において 真剣に議論していかなければなりません。

 さらに、将来の我が日本国の「国のかたち」に関わる重要案件についても、今国会においてしっかりと審議をしていく必要があります。

IMG_0455 




答弁する安倍官房長官

 






 国家公務員純減や政府系金融機関の統合などの行政改革推進法案、自民 公明 両党の協議が60回を超え、「国を愛する心」の盛り込みを焦点とする 教育基本法改正案、さらに 憲法改正手続きを定める国民投票法案 等々 課題は 山積しています。

 いよいよ 小泉改革の総仕上げの時期到来です。

 私達は 国会議員として、国会における的確な論戦を通じて、国の重要法案について 有権者の皆さんに分かりやすい説明責任を果たしていくと共に、間違いのない国の方向付けを責任をもって 決定していかなければならないと確信するものです。

IMG_0448

                     決算委員会全景(参議院 第一委員会室) 

ページの先頭へ戻る

« ”涙”学 | トップページ | あ~忙しい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ”涙”学 | トップページ | あ~忙しい »