« 質問 | トップページ | 今治JCシニアクラブにて講演 »

2006年3月17日 (金)

質問を終えて

 昨日 参議院 総務委員会(世耕 弘成委員長)において 無事 質問を終えることができました。

 三位一体改革に関連して、国庫補助負担金削減問題については、義務教育費や児童手当にみられるような補助率カット(1/2→1/3、2/3→1/3)という 数字合わせのような手法が 地方の自由度を高める 地方分権に本当につながっていくのか。

IMG_0587





発言をするために、委員長に挙手をする








 税源移譲については、税収の偏在による、中央と地方の間の格差の発生に今後 どのように 対応するのか、また その格差を埋めるために 地方交付税を充当せざるを得ないシステムは、地方交付税への依存度をさらに高め、地方分権とは逆行していくのではないか。

 地方交付税改革については、最近の愛媛県の 予算・歳入・歳出状況を紹介し、財政構造改革に向けての 血の出るような対策を講じていることを指摘した上で、平成19年度以降の地方交付税の増減見通しはどうか、
 等々 用意した質問のうち 11問について 総務省を中心に、財務省・文部科学省・厚生労働省の見解を問い質しました。

IMG_0519

 



質問をする山本(右端は世耕委員長)









 当初は 竹中大臣としっかりとした議論をすべく はりきっていましたが、当日は 衆議院側で本会議が開催され、急遽 総務委員会 開会予定時間のうち 1時間、大臣が委員会に出席できなくなりました。

 野党対策とでもいうのでしょうか、大臣欠席の時間帯は 自民党議員の質問時間に組み替えられ、理事という立場の私は、渋々ながらも そのことを承知せざるをえませんでした。

IMG_0585




答弁する竹中総務大臣

 








 対応は、副大臣以下 総務省 幹部。 しかし、私の質問が終わる 5分前に、あたふたと 竹中大臣が かけつけて いただいたので、最後に 道州制に関する 私の持論を述べた上で 大臣の所見を求めました。

 最後の最後に やっと 溜飲が下がりました。


総務委員会 質問の様子はこちらへ


IMG_0547

                       委員会室全景(第41委員会室)

ページの先頭へ戻る

« 質問 | トップページ | 今治JCシニアクラブにて講演 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 質問 | トップページ | 今治JCシニアクラブにて講演 »