« 放送・通信が急激に変わる | トップページ | 小泉総理 5年間の総括 »

2006年5月24日 (水)

ずらり 大物議員

 いよいよ 衆議院 教育基本法特別委員会において、教育基本法改正へ向けての審議が始まり、午前9時から NHKでの国会中継で その模様が 放映されました。

 今回の衆議院の特別委員会 自民党メンバーは 歴代 文科大臣を含む 豪華キャストで構成されており、 例えば 文教族の大御所 森喜朗 元総理・海部俊樹 元総理、さらに 町村信孝・河村建夫・中山成彬・島村宜伸・鳩山邦夫・小杉隆・森山真弓、各元文科大臣 等々、まさに 爽々たる 方々です。

 本日は、町村・河村 両元大臣が質問に立たれ、教育基本法改正に対して 重厚な質疑をされました。

 答弁に立つ、小泉総理や 小坂文科大臣も さぞ やりにくいことと察します。

 ただ、野党の質問に対しては 久しぶりに 教育についての小泉節が 委員会室に響きわたり、9月の任期末が 近づいているにもかかわらず、相変わらず 血気盛ん という感じです。

 今回の改正案については、民主党も対案を出しており、その内容には 傾聴に値するものもあると思います。

 与党案・野党案 双方を十分審議して、百年の大計たる 教育の方向付けに誤りなきよう 与野党を超えた 結論をしっかり 出していきたいものです。

ページの先頭へ戻る

« 放送・通信が急激に変わる | トップページ | 小泉総理 5年間の総括 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2550990/72491718

この記事へのトラックバック一覧です: ずらり 大物議員:

« 放送・通信が急激に変わる | トップページ | 小泉総理 5年間の総括 »