« 海運・造船対策特別委員会 内航海運活性化小委員会 | トップページ | 四国タオル工業組合 第33回組合表彰式 »

2006年5月18日 (木)

初対決

 民主党 小沢党首が 誕生して 初めての 小泉総理との党首討論が 昨日 午後3時より開かれました。
 今後の自民党・民主党 間での 国会運営の動向を占う 重要な討論だけに 大変 注目されており、私も 会館内で じっくりと聞かせてもらいました。

 率直に申し上げますと、予想外に 静かで淡々とした 45分間であり、若干 不完全燃焼との感 否めないと 感じたのは 私一人だけではないと思います。

 タイプの違う 二人である故に ある意味では「大人の対応」ということに なったと 推測できますが、残念ながら 議論のすれ違いが目立った ようにも思いました。

 特に 後半国会で 焦点となる 教育基本法の改正問題に テーマが絞られた訳ですが、戦後占領政策以降の 教育の歪みの是正について、「文科省が 教育行政の直接的な責任を負っていない」という 制度論で 押し通す 小沢代表と 「しっかり抱いて、そっと降ろして、歩かせる。

 つまり 子どもの教育の基本は 家庭教育にある」という 現実論で応酬する小泉総理のやり取りは、互いに持ち味を出したものの、聞く側から見れば「肩すかし」との感 否めず といったところでしょうか。

 いずれにしても、「破壊者」とも称される 自民・民主両党首の極めて 静かな討論では ありましたが、 今後、対案路線から 対決路線へと 国会戦術を切り替えた 小沢民主党と、改革の総仕上げ段階に入り、次期総裁選もにらみつつある 小泉自民党との 本格的な政策論争を期待しましょう。

 まずは 第1ラウンド、「10:10」のドロー

ページの先頭へ戻る

« 海運・造船対策特別委員会 内航海運活性化小委員会 | トップページ | 四国タオル工業組合 第33回組合表彰式 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2550990/72491736

この記事へのトラックバック一覧です: 初対決:

« 海運・造船対策特別委員会 内航海運活性化小委員会 | トップページ | 四国タオル工業組合 第33回組合表彰式 »