« 国会閉会後の日程 | トップページ | 「幼児教育の無償化をめざして」 »

2006年6月29日 (木)

北朝鮮問題

 拉致被害者、横田めぐみさんの夫とされる韓国人拉致被害者の金英男氏が、北朝鮮の金剛山で、韓国全州市在住の母・姉と28年ぶりに再会しました。

 「そうか、雀桂月(母)さんと金英子(姉)さんは、私がつい先般 日韓国会議員親善サッカー大会で訪問した”味と美の里”全州に住んでおられたのか」

 このような印象を感じつつ、長年出会うことのできなかった親子の感動的な対面の模様をテレビを通じて見守りました。

 しかし 一方では非常に複雑な想いもあります。

 何故、北朝鮮に拉致された 金英男氏 親子の対面が、南北離散家族再会事業の一環として行われるのか、

北朝鮮は、親子の感動的な再会の喜びで 拉致という重大な犯罪を包み隠してしまうつもりなのだろうか、

同じ境遇の横田滋・早紀江夫妻の気持ちは いかばかりか、特にキム・ヘギョンさんの姿をテレビでしか見れない悲しみをどのように受けとめておられるのか

 私達は、北朝鮮の動きを冷静に判断しつつ、安易な拉致問題の幕引きとならないよう、根本的解決に向けて 一層の努力をしていかなければならないと思います。

 

 まさに このような時、北朝鮮や拉致問題に造詣の深く、マスコミを通じてお馴染みの 早稲田大学教授 重村智計 氏の講演を党本部で聞く機会に恵まれました。

Dsc00630_2



重村智計 氏の講演(右から二人目)すべてご紹介できないのが残念です



 




 重村氏の相変わらずの忌憚のない話しぶりは聞いていて 時間のたつのを忘れる程です。

 特に今回は、「ここだけの話」的 内容が多く含まれており、その一部しか紹介できないことを残念に思います。

 

「アメリカは日本と北朝鮮との国交正常化は 核問題の解決なしには 絶対に認めないであろう。」

「ここ数年の北朝鮮の対外政策は 何かおかしく、一貫性がない。北朝鮮は 金正日独裁ではなく 集団指導体制になっているのかも知れない」

「北朝鮮の偽ドル札・麻薬問題 等に端を発する アメリカの金融制裁は、北朝鮮を経済的に追い込んでいるといっても過言ではない。」

「北朝鮮は、100万人の軍隊を抱えているが、その維持すら困難であり、現在の石油の枯渇状況を見れば、とても侵略行動を取る余力はないものと思われる」

「北朝鮮に関する 様々の情報はその殆んどが ガセネタであり、その内容を じっくりと精査する必要がある」

「もし 韓国と北朝鮮が統一すれば、ドイツ統一の時以上に 所得格差のある国 同士の統一だけに 恐らく新統一国の国力は 現在の韓国の半分位になってしまうであろう」

以上

ページの先頭へ戻る

« 国会閉会後の日程 | トップページ | 「幼児教育の無償化をめざして」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮問題:

« 国会閉会後の日程 | トップページ | 「幼児教育の無償化をめざして」 »