« 東京ドームで野球 | トップページ | 小野晋也代議士の勉強会 »

2006年7月 5日 (水)

テポドン発射

 北朝鮮が 5日未明から朝にかけて 6発のミサイルを発射し、いずれも日本沿岸から数百キロ離れた日本海に着弾し、そのうちの一発は アメリカの一部も射程に入る「テポドン2号」であろうとのニュースが飛び込んできました。

 先般 北朝鮮の対外政策が何かおかしいとの話を このブログで紹介しましたが、早速 とんでもない事態を引き起こしてくれたものです。

 今回のミサイル6発の発射は、我が国及び北東アジアの平和と安全に直接かかわることであり、極めて憂慮すべきことです。

 さらに 本件は 日朝平壌宣言に違反し、六者会合共同声明とも相容れない行為であり、日本政府として毅然とした厳しい対応をとる必要があります。

 とりあえずは、北朝鮮への厳重抗議・万景峰号の6ヶ月入港禁止・北朝鮮当局職員の入国禁止 等々の制裁措置を決定したところですが、今後の展開次第によっては、さらに厳しい経済制裁を検討しなければならないと思います。

Dsc00638_1



本日、緊急に開かれた自民党本部での国防・外交・内閣関係合同会議の様子









 いつも 言われていることですが、平和と安全は タダではないということを私達はしっかりと認識し、その対応策に遺漏なきよう 国民の皆さんと共に価値観の共有をしておかなければなりません。

  1.  いつ起こるかも知れない 他国からの脅威やテロに対して 日本国は日米同盟のもと他国とどのように協力して対処していくのか。
  2. 日本の果たすべき役割をどのように考えるべきなのか。
  3. 在日駐留米軍に対する日本国民の否定的反応が何を意味するのか。
  4. 米軍再編の議論の中で、地元負担軽減という観点と同時に、抑止力の維持という観点も日本国民として しかと受けとめる必要がありはしないか。

 私達は 北朝鮮の「瀬戸際外交」にみられる 他からの危機を冷静に受け止めつつ、いざという時に 我が国の被害を最小限に留めるための国家防衛意識の再認識を民間レベルで図る必要があるのではないでしょうか。

 今一度 日本国民を守り、日本の国益を守るために 政治は何をなすべきか、国民はどのように考えるべきか、平和と安全を大前提とした国家のあり方についての議論を進めていくべきだと確信します。

 とはいっても、日本国民の典型の如く「のど元過ぎて熱さ忘れる」の繰り返しでは、相変わらずということになりかねませんが・・・。

ページの先頭へ戻る

« 東京ドームで野球 | トップページ | 小野晋也代議士の勉強会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2550990/72491652

この記事へのトラックバック一覧です: テポドン発射:

« 東京ドームで野球 | トップページ | 小野晋也代議士の勉強会 »