« モンゴルって どんな国?(モンゴル事情③) | トップページ | モンゴルの将来は?(モンゴル事情⑤) »

2006年9月 6日 (水)

モンゴルの今は?(モンゴル事情④)

 チンギス・ハーンによる建国800年を迎えた現在のモンゴルは、エンフバヤル大統領を元首とする共和国制国家であり、日本の国会に相当する国家大会議は 一院制で 定数76議席で構成されています。

 これまでの4回行われた総選挙のたびに与野党が交代しているモンゴルは、残念ながら 政情不安定を言わざるを得ず、経済環境も低迷を続けてはいますが、昨今の外国からの支援や 地下資源の開発により 現在はプラス成長が継続しているところです。

 政情が不安定にも拘らず、経済が急激に伸びてくる発展途上国につきもののことと言えば?

 ご多分にもれず、モンゴル国内でも、政治や官僚システムの中に、賄賂や汚職が蔓延し、国民の所得格差の増大による不満が蓄積されているようでした。

01330013_1

                                               

                                 エンフボルト首相と共に

                                                                                                                                                                                      

01330012

                                                     

                                 エンフボルト首相との会談

                                                     

 

01330021

                                            

                                 モンゴル‐日本友好議連のメンバーと昼食懇談会                                                                                                          

01330024

                                                        

                                 私の質問に丁寧に答えてくれた 財務大臣                                                              

〈ある閣僚の話〉

「モンゴルは現在 大変不安定な状況にあります。それは、国会議員や官僚が 党利党略・私利私欲で動きすぎるということです。二大政党である 人民革命党・民主党に加え いくつかの小政党の連立の繰り返しによる政権の不安定解消が先決です。」

〈ある日系企業幹部の話〉

「モンゴルの遵法精神の欠如が、日本企業の投資意欲を減退させる結果となっています。地下の鉱物資源の開発においても、コンプライアンスにのっとった事業推進が必要であることを官僚の皆さんに理解しておいてもらいたいです。」

「法律の一部 隙間をぬって正義を乱す人がおり、裁判所へ提訴しても なかなか結果がでません。」

「官僚からの様々な制約が続々と出され、その解決のために多額の費用が必要となります。また 実力者の親族企業の横暴が目立ちます。」

〈ある若手日本留学帰国モンゴル人の話〉

「現在の指導者の頭の中は、民主国家となった今も、まだ社会主義的思想から解放されていないようです。日本やアメリカに留学した経験を持つ私達の中から近いうちにリーダーが出ると思います。その時こそ 本当の意味で モンゴルの民主化と適正な発展が始まるでしょう。」 etc

 中国からの抑圧に苦しみ、さらに70年間の親ソ社会主義体制時代を乗り越えて誕生した民主主義国家モンゴルにとって、若干の混乱は致し方ないのかも知れません。

 大変 親日的なモンゴルの発展のため 私達も大いに協力していかなければならないと認識したところです。

01330009

                                             

                                 在モンゴル日本企業幹部の皆さんと          (モンゴル大使館前にて)

« モンゴルって どんな国?(モンゴル事情③) | トップページ | モンゴルの将来は?(モンゴル事情⑤) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンゴルの今は?(モンゴル事情④):

« モンゴルって どんな国?(モンゴル事情③) | トップページ | モンゴルの将来は?(モンゴル事情⑤) »