« 愛媛県園芸大会 | トップページ | 桧垣徳太郎先生のご逝去を悼む »

2006年10月18日 (水)

党首討論スタート

 本日(10月18日)午後3時より、安倍晋三総理就任後 初めての QT(党首討論)が、民主党小沢代表との間で行われました。

 冒頭 小沢代表からは、安倍晋太郎先生に大変お世話になったこと、そのご子息の総理就任に対するお祝と激励がありました。

 それに対して、安倍総理からは、まさか父親と親しかった小沢代表と自分とが 与野党を代表して 党首討論に臨むとは 父 晋太郎も夢想だにしなかったであろうときり返り、場内の笑いを誘いました。

 さて、本題の討論においては、憲法改正問題や 北朝鮮問題に関しての国連決議の実行と 周辺事態法との関係についてのやりとりがありましたが、恐らく テレビでご覧になった大方の国民の皆様には、小沢代表の述べられた意味が十分理解されなかったのではなかろうかと推測しています。

 小沢代表の話の内容は あまり国民にわかりやすいものではなく、また 話しぶりも迫力の乏しいものであったように思います。加えて 討論であるにも拘らず、一方的な考えの陳述に時間がさかれたため、安倍総理の発言時間が少ししか確保されませんでした。

 そのような中でも、憲法改正や 北朝鮮問題に関わる国家の危機管理についての安倍新総理の明快な答弁が目立ったことは衆目の一致するところだろうと思います。

 まずは 党首討論第一戦、「小沢代表、安倍総理を攻めきれずの巻」といったところでしょうか。

Img_2464_1

« 愛媛県園芸大会 | トップページ | 桧垣徳太郎先生のご逝去を悼む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論スタート:

« 愛媛県園芸大会 | トップページ | 桧垣徳太郎先生のご逝去を悼む »