« 桧垣徳太郎先生のご逝去を悼む | トップページ | 瀬戸内海が日本の中心だ! »

2006年10月20日 (金)

森 喜朗 清和研会長 辞任

 昨日(10月19日)開催された 清和研議員総会において、森会長から『私の役割は 小泉総理を支えることであった。今回 新たに 安倍新総理が誕生したのであるから、人心を一新し、歴史と伝統を誇る我が清和政策研究会が一致団結して 安倍総理を、また自由民主党を支えていかなければならない。後任は 町村信孝事務総長に託すので、全員がしっかりと町村君を支えて欲しい。』とのお話しがありました。

 突然の辞任表明に 出席者一同 驚くと同時に、引きとめたいとの気持ちで一杯でしたが、あまりに淡々と、そして潔く 自らの出処進退を決定されたことに唯々 感心するのみでした。

 将来の自民党及び清和研のあるべき姿を考え、森会長ご自身が様々な観点から下した決断であろう故に、我々如きが口をはさむべきではないと渋々納得したところです。

 森会長におかれては、今後とも 清和研のご意見番として 大所高所からのご指導をお願いすると同時に、町村新会長の今後 益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 森会長、おつかれ様でした。

« 桧垣徳太郎先生のご逝去を悼む | トップページ | 瀬戸内海が日本の中心だ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森 喜朗 清和研会長 辞任:

« 桧垣徳太郎先生のご逝去を悼む | トップページ | 瀬戸内海が日本の中心だ! »