« 教育基本法改正案、成立強まる。 | トップページ | 愛媛みかん トップセールス »

2006年11月 8日 (水)

早慶の総長・塾長 揃い踏み

 本日(11月8日)正午より 党本部において 科学技術創造立国推進調査会が開催され、科学技術における私学の役割について、慶應義塾々長の安西祐一郎氏 及び 早稲田大学総長の白井克彦氏 両氏から説明と陳情を受けました。

 安西・白井 両先生は 日本私立大学連盟の正副会長を務められており、また お二人共に理科系出身の教授であるとのことでもあり、(おそらく早慶のトップが二人揃って理科系であることは初めてのことであると思いますが・・)科学技術研究教育活動を支える私立大学への支援の必要性や 国立大学中心となっている競争的資金の私学獲得への支援・人材の育成・確保等の推進への支援についての意見が述べられました。

 ところで 先週 安西塾長は 四国三田会の総会で 今治市にお越し頂いておりましたし、白井総長は来週 稲門会愛媛県支部総会出席のため 松山市に来られる予定です。

 もちろん 三田会には私の家内が出席し、稲門会に私は出席予定ですが、お二人にお礼やら歓迎やらのご挨拶をさせていただきました。

 私大出身の私としては、国公立に比べ 支援体制が不十分である私立大学へのきめの細かい対応策を講じるよう全力を傾注しなければならないと思います。

 尚 午後3時から 安倍・小沢 両氏による党首討論が行われました。

 安倍総裁の憲法九条問題や いじめ・必修科目の未履修などの教育問題についての明快な答弁が目立ったものの、全体としては 小沢代表のつっこみ不足もあり、あまりワクワクするような討論になりませんでした。

 このままでは、生中継の党首討論の視聴率は低下の一方を辿るのではないかと心配します。

« 教育基本法改正案、成立強まる。 | トップページ | 愛媛みかん トップセールス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早慶の総長・塾長 揃い踏み:

« 教育基本法改正案、成立強まる。 | トップページ | 愛媛みかん トップセールス »