« 会期末、迫まる | トップページ | 臨時国会、本日閉幕 »

2006年12月15日 (金)

教育基本法改正案 可決

 昨日(12月14日)は 朝から 国会周辺は騒然とした状況でした。

教育基本法改正特別委員会においては、委員会運営上の混乱、それを受けての国会対策委員会での タフな交渉、そして 午後からの特別委員会での混乱の中での採決、また国会外での 日教組の皆さんの 連日のデモと街頭集会 等々、大変な一日となりました。

 しかし、与野党の特別委員会での質疑時間も衆議院の質問時間数に迫まる程であり、基本的理念の違いを埋めることのできない状況の中、審議は十分尽され、採決することは当然であります。

 本日は、午前9時頃、野党から 内閣不信任案が提出され、まさに民主党のむなしい国会の終戦処理の如き手続きに入ったようです。

 その象徴的光景でしょうか。

民主党の菅代表代行が、本会議を引きのばすためだけとしか考えられないような冗長な演説を 衆議院本会議場で展開しています。

 野党第1党の内閣不信任案に対する趣旨説明としては、誠におそまつであり、とても政権交代をめざそうとする政党の対応とは信じがたいものであります。

 参議院においては、伊吹文部科学大臣に対する問責決議案が提案されていますので、我々は粛々と否決し、教育基本法改正案の可決を今日中に仕上げる予定です。

 そして 今回の教育基本法の理念を しかと受けとめて、新しい教育振興計画を立案し、正しい教育の方向性を明確化し、こども達の逞しく健やかな成長のために 最大限の努力をしていかなければならないと 決意をあらたにしているところです。

 「野党共闘ぼろぼろ」「不信任案ぐらぐら」「民主むなしい国会終戦」という 産経新聞の見出し。

 「揺れた民主執行部」「戦略不在、共闘にしこり」という 毎日新聞の見出し。

 さらに、読売新聞の「教育国会大詰めドタバタ」の記事の内容、(この記事は、かなり信憑性の高いものであることを その渦の中にずっといた私が証明します。大変面白い記事でした。)

 どれを取ってみても、民主党はじめ野党の理不尽さを物語っていると思います。

 尚、この騒動の最中、インドより シン首相が来日され、国会において 演説をされました。与野党・衆参の議員が一同に会し、日印友好の誓いを さらに推し進めていこうとする シン首相の演説に心からの拍手を 全員一緒に送りました。

 まさに この外交行事は、会期末を迎え、混乱が予想される 今国会における 一服の清涼剤となりました。

20061215172844_00001

« 会期末、迫まる | トップページ | 臨時国会、本日閉幕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育基本法改正案 可決:

« 会期末、迫まる | トップページ | 臨時国会、本日閉幕 »