« おめでとう | トップページ | 同級会 »

2007年1月 3日 (水)

湯島天満宮

 元旦、皇居から宿舎へ帰った後、帰県する前に 湯島天満宮へ初詣に参りました。

 実は長女が本年大学受験。苦しい時の神だのみとは言え、親として出来ることはしてやりたいという気持ちも込めてのお参りでした。

Cimg0006_1

                                                     

               

                                                                                                       ところが湯島の参道は人・人・人で溢れかえっており、何万人いや何十万人とも思われる人の波に圧倒される程でした。遠くにお社が見えるものの、人の列はなかなか前進せず、イライラして私が家内に一言「飛行機の時間もあるし、もう帰ろうや」 すると家内は、「娘の受験のお願いに来ているのに、途中で帰ることは 絶対まかりなりません!飛行機の時間をずらしてでも、必ずお参りして帰ります!」

Cimg0007

                                        

                                                                                                    

 いつの時代も子を思う親の気持ちは変わらないものですよね。 結局2時間余り並んで、ようやくお参りすることができました。

Cimg0009_1

                      

                                                    

                                    

               

ただ、私の後方に並んでいた若いカップルが話していた言葉につい失笑してしまいました。

「湯島の天神さんも、こんなに大勢の人に合格祈願をされても、全員の面倒は見きれないよなあ」

« おめでとう | トップページ | 同級会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯島天満宮:

« おめでとう | トップページ | 同級会 »