« 十日町雪まつり | トップページ | 愛媛県議会議員 岡田志朗先生県政報告会 »

2007年2月22日 (木)

ある一日

 昨日(2月21日)も朝からフル稼働です。前夜の二日酔いを克服し、朝8時から党本部で開催された 外交部会・外交調査会・対外経済協力特別委員会合同会議に出席しました。

 同会議には、欧州及び国連関係国際機関大使(32ヶ国・7代表部)が参加し、意見交換を行いました。

 特に 河村EU代表部大使からは、「EUと日本との価値観の共有に腐心し、EU自体が急速なEUの拡大にともなう欧州憲法条約への困難な道を模索している状況である」

高野ドイツ大使からは、「ドイツが気候変動問題やエネルギー問題を重視し、脱原発政策を維持している。また ロシアとのパートナーシップを重視しつつ、開催が予定されているG8サミットの成功をめざし、アフリカ諸国の代表数ヶ国も招待予定」との報告がありました。

また 斎藤ロシア大使からは、「ロシアが ここ数年 石油の高騰などにより経済的に自信を回復しつつあり、来年の大統領選挙に向け 絶対的権力と人気を誇るプーチン大統領の後継者は誰かに 注目が集まっている」

大島国連大使からは、「今後日本が 常任理事国入りをめざすにあたり、どのような作戦を立てるべきか、また、国連への貢献をどのように果していくべきか、大変重要な問題である」との説明がなされました。

 ヨーロッパ各国との関係が 大変深いという状況の我が国ではないだけに、各国大使の今後の活躍に大いに期待したいところです。

 続いて 8時30分から開催されていた通信・放送産業高度化小委員会に出席し、「あるある大事典捏造問題」等の放送番組について、関西テレビ放送の千草社長 及び 日本民間放送連盟の山本放送基準審議会議長から ヒアリングを受けました。

 おふたりからは、今回の不祥事を真摯に受けとめた上で、再発防止への取り組みや放送人としての社会的使命・責任の自覚・自主・自律の精神による信頼回復をめざすとのことでした。 

 しかし 参加者からは、一斉に手が挙がり、「番組の中で民放の社会的使命が果されているか否か。認識が極めて甘いのではないか。劣悪な番組への総括をすべきではないか。」等々大変手厳しい意見が多く出されました。

 その後 国対・議運・本会議と続き、お昼には 郷土の大先輩  檜垣徳太郎先生お別れの会に出席、政策審議会の勉強会の後、数件のレクを受け、外交力強化特命委員会・2007外交関係勉強会で研鑚を積み、夜の会合へ という超多忙な日を過ごしています。

 いやはや、しばらくはこのような状態の日々が続き、いよいよ3月からは予算委員会の審議が参議院側へまわってくる予定です。

                                           

« 十日町雪まつり | トップページ | 愛媛県議会議員 岡田志朗先生県政報告会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある一日:

« 十日町雪まつり | トップページ | 愛媛県議会議員 岡田志朗先生県政報告会 »