« 訃報の連鎖 | トップページ | モンゴル大統領 来日 »

2007年2月28日 (水)

日本版NSC

 今朝 8時から開催された 国防・内閣・外交各部会 及び 安全保障調査会・基地対策特別委員会合同会議に出席しました。

 席上、小池百合子総理補佐官から、「国家安全保障会議」創設を柱とする報告書についての説明を受けました。

 いわゆる 日本版NSCです。

安倍総理は、外交と安全保障の国家戦略を政治の強力なリーダーシップにより 迅速に決定できるようなシステムの構築をめざし、官邸機能強化策を最重要課題と位置付けてこられました。

 今回、従来の安保会議を改組し、総理・官房長官・外相・防衛相による少人数会議を新設し、秘密保護のための情報漏洩を厳罰化する新規立法の必要性を提起するとのことであります。

 北朝鮮の核・ミサイル問題や 国際テロ事件が頻発する昨今の世界情勢を鑑みる時、正確な情報の上に立った迅速な政治判断が求められることは 言うまでもありません。

 この日本版NSC(JNSC)が 十分機能するよう期待するところですが、合同会議においては多数の意見が出されました。

「官邸機能強化策の一環であることは十分理解するが、従来の外務省・防衛省と 今回の国家安全保障会議との位置付けを どのようにするのか」

「教育再生会議と中教審・文科省との関係において危惧されている状況、すなわち屋上屋を重ねることになりはしないか」

「国会議員の守秘義務をどのように担保すべきか」・・・等々。

 このような疑問点を克服して、日本版NSCが国家安全保障の司令塔としての機能を発揮できるよう 大いに期待すると共に、今国会において 関係法案の成立に全力を傾注しなければならないと思っています。

« 訃報の連鎖 | トップページ | モンゴル大統領 来日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2550990/72491347

この記事へのトラックバック一覧です: 日本版NSC:

« 訃報の連鎖 | トップページ | モンゴル大統領 来日 »