« 残念!今治西 | トップページ | 菅良二 出陣式 »

2007年3月30日 (金)

日本のしたたかな平和戦略の構築を!

 5月に開催予定の清和研(町村派)パーティーの際、同時に製作される政策提言誌に 所属議員全員が自らの主張を掲載します。ちょっと早めですが、山本順三の提言をこのブログにアップしておきます。

”我が国は、戦後レジームからの脱却をめざして、国の「あるべき姿」を模索し、国際的に尊敬され、信頼される国づくりに励まなければなりません。

 特に外交・防衛の分野においては、様々な外交ツールを活用しつつ「主張する外交」を強力に展開すると共に、一方では日米同盟の強化と日本の防衛体制の再構築をめざす平和戦略をしたたかに推進していくべきと確信するところです。

 現在日本をとりまく国際情勢は大きく変化しています。脅威的経済成長を続ける中国や資源大国として復活を遂げつつあるロシア、そして何よりも、ミサイル発射と核実験を強行した北朝鮮等々の存在。

 今こそ私達は、「日本の国益とは何か」「その国益を守るために何をなすべきか」という問に対して、国民一人一人が国の安心・安全を守るための平和戦略を真剣に考え、結果として国民的合意が得られるよう努力していかなければなりません。

 憲法改正は、その大きな そして重要な契機となるでしょう。”

  

« 残念!今治西 | トップページ | 菅良二 出陣式 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残念!今治西 | トップページ | 菅良二 出陣式 »