« 自由民主党愛媛県支部連合会第51回定期大会 | トップページ | 地球温暖化はCO2のせいだけ? »

2007年5月21日 (月)

いよいよ 教育三法案の審議始まる

 本日(5月21日) 正午から参議院本会議が開会され、教育三法 及び民主党の対案  双方の趣旨説明  質疑が行われました。

 いよいよ明日からは 文教科学委員会での集中的な審議が始まります。

 この三法案とは、昨年の臨時国会において 60年ぶりに改正された教育基本法の趣旨に則り、学校の目的・目標を明確にしようとする「学校教育法改正法案」、教員免許の10年更新制を導入しようとする「教育職員免許法改正法案」、教育委員会制度の抜本的改革をめざそうとする「地方教育行政法改正法案」の3件です。

 委員会において 民主党の対案も含め しっかりと論点整理をし、議論を重ね、国家百年の大計たる教育改革に取り組んでいかなければなりません。

 それにしても、安倍内閣において、先の臨時国会に続き、今通常国会でも 重要法案が次々と可決されることに 大変力強さを感じるものです。

「壊わす改革から創造する改革へ」

 まさに 安倍総理の真骨頂。このような結果が出ている現実が 支持率の上昇につながっているのでしょう。

”美しい国、日本”をめざして、さらに改革を進めていかなければなりません。

« 自由民主党愛媛県支部連合会第51回定期大会 | トップページ | 地球温暖化はCO2のせいだけ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由民主党愛媛県支部連合会第51回定期大会 | トップページ | 地球温暖化はCO2のせいだけ? »