« クール・ビズ | トップページ | 第19回近見カラオケ・舞踊・民謡発表交流会 »

2007年6月 8日 (金)

重要法案 めじろ押し

 本日 朝の議院運営委員会において11日(月)午前11時から 公務員改革法案の趣旨説明・質疑のため 本会議を開会することを決定しました。

 会期末 6月23日を2週間後に控えている参議院において、現在審議中の重要法案は、

  • 教育関連三法案
  • イラク人道復興支援法案
  • 社会保険庁改革法案

となっており、さらに今回の公務員改革法案 そして近く公認会計士法案も送付される予定となっています。

 たった二週間で これだけの法案すべてを可決・成立させることが できるのか、大変心配です。まさに ジグソーパズルを完成させるが如き大局観に基く戦略と 綿密な作戦を議運・国対双方で構築しなければなりません。

 恐らく 野党は 会期末に向け、法案成立阻止のために解任決議案・問責決議案等々  様々な妨害作戦をたててくるに違いありません。

 まさに 嵐の前の静けさといったところでしょうか。

 また、7月22日の参議院選挙においては、我が党に対する逆風がますます激しくなりつつあります。

 年金問題に対する国民への丁寧な説明と 国民の年金に対する信頼感を早急に取り戻すため、安倍総理の より強力なメッセージを期待するところです。

 加えて、このような事態を巻き起こした社保庁の体質が 労組の親方日の丸的である点を国民に説明し、その改革のために、社保庁の解体・民営化に取り組もうとする自民党の姿勢と、社保庁と国税庁とを一緒にして 公務員としての地位を温存させようとする民主党の立場との際立った違いを もっとアピールしていかなければなりません。

 いずれにしても  間近に迫ってきた会期末に向けて、より緊張感をもって 法案処理をめざし、その後の参議院選挙の必勝を期さなければならないと 決意を新たにしているところです。

« クール・ビズ | トップページ | 第19回近見カラオケ・舞踊・民謡発表交流会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クール・ビズ | トップページ | 第19回近見カラオケ・舞踊・民謡発表交流会 »