« 愛媛県公共嘱託登記司法書士協会 通常総会 | トップページ | 国土交通大臣政務官に就任 »

2007年8月29日 (水)

台湾に続いて、中国へ

 8月26日・27日と一泊二日で  中国北京を訪問してきました。

Cimg0488

                                                                                                                                    人民大会堂と天安門広場

           

                                            

 旅の目的は 森喜朗元総理のお誘いを受け、笹川奨学金制度20周年記念式典に出席することであり、町村派若手 衆・参議員6名が同行しました。(新聞記者も10名程 同行していましたが・・・。)

Cimg0491

                                                                                                                                                               森 喜朗 元総理と共に

                                    

 この奨学金制度は、日本財団の笹川良一・陽平 両氏がスタートさせたものであり、毎年100名、20年間で2000名の中国人医療従事者を一年間日本に派遣し、日本で学んだ新しい知識や技術を 中国の医療衛生事業に取り入れるという趣旨のもと、多大の成果を挙げているところです。

 26日の20周年記念式典は、中国側が 奨学金制度を活用して1年間日本に留学した若手医師達 約700名・日本側は 中国人留学生の指導にあたられた日本の指導教官 及び その家族 約400名、総勢1100名以上が一堂に会し、あの人民大会堂で厳粛に開催されました。

Cimg0493

 

 

 

 人民大会堂内で

                                   

 陳 竺 中国衛生部長(大臣)、森元総理、笹川陽平会長 はじめ 大勢の皆さんの祝辞の後、この制度運営に貢献された方々の表彰、1100人余りの参加者の大集合写真撮影(これは本当に凄まじいものでした。)、祝賀会と進み、私達も  恩師と生徒の久しぶりの同窓会の熱烈な雰囲気に、感動を覚えました。

Cimg0495

 

人民大会堂新疆ウイグル大庁にて会談 

Cimg0505_2

                              

                   

      記念式典 来賓挨拶 

Cimg0507_2

                                               

Cimg0512_4

            

               

          

           記念式典 参加者 

Cimg0516

 

                                               

総勢1100名の記念撮影(カメラが照明と共に半周回っていく) 

 

 

                                    

 単なる口先だけの日中友好だけではなく、この奨学金制度のような民間レベルでの地道な交流こそが、日中両国の友好促進に貢献し、両国国民相互の理解を深め合う機会となることを 改めて実感した次第です。

 ところで  北京へは 昨年に引き続いての訪問でしたが、北京オリンピックを来年に控え、至る所で 道路や建物の建設ラッシュが続いており、北京の街の四方八方 建設用クレーンだらけといった状況でした。

Cimg0487_2     

 

 北京市内 至る所に                  クレーンが林立 

 

 

                                       

 果たして 日本の経験したバブル経済の如き 中国経済が  どこまで成長を続けるのか、北京オリンピック後 或いは 上海での博覧会後 どのような変化が起きるのか、中国のあまりの勢いに若干の不安を覚えてしまいそうです。

 また 式典途中で会談した中国要人の話によると、台湾問題 特に 台湾名で国連に加盟申請することを国民投票にかける動きに 随分神経を使っており、中台間の懸念事項となっています。

 いずれにしても  中国経済のさらなる発展 及び 安定を願い、台湾問題の平和的解決を願わずにはいられません。

 式典・祝賀会の後、同行記者団と我々とが 森元総理を囲み、大変美味なる北京ダックに舌鼓を打ちながら、時の政局について語り合い、翌日朝一番の飛行機にて 帰国の途につきました。

Cimg0523

                                                 

 人民大会堂からの夜景

Cimg0524

               

        

          

        人民大会堂 正面玄関 

                                    

                                   

森元総理の一言

「明日 内閣改造が予定されているにも拘わらず、今日この北京に集まった議員諸君は、日中友好の為ならば 自らの欲望を捨てる覚悟のある人間か、或いは 改造には全く関係のない人間か、どちらであろうか・・・。」

                                                              

« 愛媛県公共嘱託登記司法書士協会 通常総会 | トップページ | 国土交通大臣政務官に就任 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛媛県公共嘱託登記司法書士協会 通常総会 | トップページ | 国土交通大臣政務官に就任 »