« 今治療護園 観月会 | トップページ | 第9回東予地区ソフトボールシニア大会 開会式 »

2007年9月 1日 (土)

9月1日は「防災の日」です。

 国土交通省大臣政務官になって初めての公式行事は、国交省 防災センターで行なわれた 地震災害警戒本部会議への出席でした。

Cimg0566_2

Cimg0567_3

                 国土交通省 防災センターにて 

気象庁から出された東海地震予知情報(訓練)を踏まえ、政府及び国交省の対応状況の報告がリアルタイムで全国各地から防災センターに集められます。

 このセンターには、冬柴大臣はじめ国交省幹部が全員集合し、各地から送られてくる生の映像を参考にしながら、交通規制や防災対策さらに避難場所のチェック、帰宅難民への対応等々の対策が次々と打たれていく という内容の訓練です。

Cimg0571

Cimg0573

                          

訓練後、政務官としてコメントを述べる                    

                     

                   

                   

最近 能登半島や中越沖での大きな地震が頻発しており、東海地震や東南海地震への発生も予想される状況だけに「備えあれば憂いなし」とまではいかなくとも「備えあれば憂い少なし」という観点からの対策を講ずる努力をしなければならないと改めて感じました。

« 今治療護園 観月会 | トップページ | 第9回東予地区ソフトボールシニア大会 開会式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今治療護園 観月会 | トップページ | 第9回東予地区ソフトボールシニア大会 開会式 »