« 第168回臨時国会 始まる | トップページ | 今治市 敬老会 »

2007年9月13日 (木)

まさか

 その時 私は ツール・ド・北海道 開会式に 国土交通大臣政務官として出席するため  北海道へ赴き、千歳の全日空ホテルで昼食をとっていました。

 秘書官からの報告を受け、半信半疑の状態で  すぐにテレビのスイッチを入れました。まさかこの時点で 総理が辞意表明をされるとは予想すらできず、また 理解することもできません。

 10日に衆参両院において  所信表明演説を行い、参議院議員選挙に惨敗するも 敢えて続投する意思表明を明確にされ、さらに「職を賭す」との覚悟の上で テロ特措法延長に取り組むとの決意を表明されたばかりでした。

 その総理の所信に対する各党の代表質問が始まろうとする直前になっての辞意表明だけに、通常の常識では考えられない事態であることだけは間違いありません。

 同じ派閥の仲間として  安倍晋三総理を支え、大臣政務官として安倍内閣の一員となっている私にとって、総理の辞意表明は誠に残念であり、その他の言葉を見つけることはできません。

 総理が  このような決断を下された理由は様々であり、表に出せること、出せないこともあろうかと思いますが、私の立場としては「忍の一字」、この状況をどのように有権者の皆様に説明すべきなのかと 頭を痛めるばかりです。

 いずれにしても 私達は 責任政党自民党として、一刻も早く 次期総理・総裁を決定し、国民の皆さんの怒りと失望感を払拭して 信頼回復に努め、政局の安定と  日本の進むべき方向の明示をめざさなければなりません。

 そのためには、「日本国の将来に対する明確なビジョンを持ち」・「挙党一致へ向けての強いリーダーシップを有し」・「国民に対する安心と信頼を勝ち得る」ような人物を、国民政党として恥じないような開かれた方法で  選出する以外にないと考えるところです。

070912_3

関係幹部との懇談会

(北海道開発局 局長室にて) 

070912_5

事業概要説明

(北海道開発局 特別会議室)

070912_6

北海道開発局職員への訓示

070912_7

ツール・ド・北海道国際大会 開会式

« 第168回臨時国会 始まる | トップページ | 今治市 敬老会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第168回臨時国会 始まる | トップページ | 今治市 敬老会 »