« 人気者? | トップページ | 日比谷共同溝視察 »

2007年10月25日 (木)

田舎を守ろう!

 昨日(10月24日) 地元 愛媛県西予市の自民党城川支部の皆さんが上京され、衆議院の国土交通委員会を傍聴した後、政務官室を訪問されました。

 支部長の梅川さん はじめ  約10名の皆さんは、口々に 地方の厳しさ・農林業の衰退・農村の崩壊等々  地方の抱える問題点について雄弁に語られ、自民党に対する信頼感が低下していることを 大変憂慮されていました。

 相変わらず、自民党に対する  或いは 自民党の政策に対する不満は大きく、私達政治家に対する目線も同様 厳しくなっていると痛感しました。

Dscn1704 Dscn1712

    

    

   

   

    

  

                                                         

 丁度 当日 午後、我々参議院議員有志による「地方を元気にする参議院議員の会」が設立され、第1回勉強会をスタートさせました。今回は、総務省の幹部をお呼びし、地方税源のあり方や  法人二税等 税の偏在に対する対応・地方交付税の総額堅持などについて率直な意見交換を行いました。

 その中で、地方分権・税源移譲は大変素晴らしいスローガンではありますが、実はそのことによって、東京と地方との格差がさらに拡大したり、税の偏在是正により 税収が増大した分、地方交付税が減額されてしまいかねないという 制度上の問題があることを指摘させていただきました。

 日本全国がバランス良く発展し、格差の是正が少しでも進み、限界集落に代表される疲弊しきった地方の再生をめざすことのできるような制度設計を図っていくための抜本的改革が必要だと思っています。

 恐らく、税という観点に絞れば、個人にとっても、地方財政にとっても、間接税たる消費税が一番公平であることは間違いありません。

 今後の税の総合的な改革を愚直に進めていく時期がきたのではないでしょうか。

 城川支部の皆さんとの 昼 そして夜の交流が 私にとって  大きな力を与えてくれたような気がします。

« 人気者? | トップページ | 日比谷共同溝視察 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人気者? | トップページ | 日比谷共同溝視察 »