« 城東校区文化祭 | トップページ | 会議 会議・・・ »

2007年11月 6日 (火)

一寸先は闇

 11月2日の 福田総理と 小沢党首との 大連立を視野に入れた会談、そして民主党役員会の大連立反対による拒否回答に続き、11月4日の突然の小沢代表の辞意表明、そして その後の民主党の大混乱と 党分裂を恐れてか 小沢代表慰留工作・・・・

 まさに 政治の世界、一寸先は闇ということでしょうか。

 それにしても 小沢氏の過去の言動から判断すると「またか。やっぱりなぁ」という声が届いてくるのも  やむなし というところでしょう。

 小沢氏曰く、「民主党は力不足で 政権担当能力に疑念が持たれ、次の衆議院選挙も極めて 厳しい情勢にある」という現状認識は 大変冷静な判断であるとは思いますが、民主党のリーダーの口から出たこの言葉は  民主党議員団にとっては重すぎると同時に  納得しがたいものと思います。

にも拘わらず、党分裂を恐れて  まさに腫れ物に触るような小沢氏への対応と 辞意撤回もありうるとの反応に 国民の皆さんの判断がどのように示されるのでしょうか。

 相変わらずの民主党のドタバタ劇を、あの偽メール事件の時を思い出しながら 客観的に見つめています。

 もちろん  この一連の騒動が 民主党に対する支持率の低下につながることは避けられないでしょうが、さりとて自民党の支持率が上がるということにはなりません。我が党も この件を他山の石としつつ、まずは党内の結束をしっかりと固めることが 一番であると思います。

 「衆参ねじれ国会」 まさに この現実が 与党に対してだけでなく、野党に対しても大きなプレッシャーをかける要因となっています。

 恐らくは 少なくとも 6年間続くであろう このねじれ状態の中で、日本の国益を損うことなく、国民の生活の安定に資するための 与野党 共に責任を有することを前提とした 新しいシステムを構築することが 今 求められていると確信します。

 それが 大連立なのか、政策協議の場づくりなのか、形は違えども 単なる党利党略によらず、国民の負託にこたえる与野党の新しい知恵を出すことが 必要です。

 その知恵が出されなくば、国民の政治 及び 政治家に対する信頼を取り戻すことは 到底できないことになるでしょう。 

 今こそ  今回の党首会談の意義を見つめ直し、その本質を続けて 語り合わなければならないと思っています。

« 城東校区文化祭 | トップページ | 会議 会議・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 城東校区文化祭 | トップページ | 会議 会議・・・ »