« つなぎ・ブリッジ・混乱回避? | トップページ | 中国製ギョーザ »

2008年1月31日 (木)

わかったような、わからないような・・・

  1. 総予算及び歳入法案の審査に当たっては、公聴会や参考人質疑を含む徹底した審議を行った上で、年度内に一定の結論を得るものとする。
  2. 国会審議を通し、税法について各党間で合意が得られたものについては、立法府において修正する。
  3. 1・2について、両院議長の下で与野党間で合意が得られた場合は、いわゆるセイフティネット(ブリッジ)法案は取り下げる。

                以下 各党幹事長(6名)の署名

 これは、いわゆる「つなぎ・ブリッジ・セイフティネット(混乱回避)法案 取り下げに至る衆・参両院議長あっせんの内容です。

 わかったような、わからないような・・・・。

1.の年度内に一定の結論を得るとは、採決をすることなのかどうか。

 参議院の江田議長は、「採決をすることである」と明言されていますが、与野党の受けとめ方に若干ニュアンスの違いがあります。

 議長あっせんに合意したことは、大変重い決断であり、勝手な解釈が許される訳ではありませんが、3月末までの真摯な議論を重ねて結論を得るための若干の精神的余裕を 与野党が共に持つことも 大人の知恵の一つでしょうか。

2.の各党間で合意が得られたものは、立法府において修正するとありますが、これは当たり前のことであり、わざわざ 明文化する必要があるのかなと いぶかる議員も多数いました。

 当たり前のことを敢えて明示する裏の意味とは何なのか。

 このような あっせんの文章は、実は専門家が一字一句 十分吟味して 作成する訳ですが、その筋の方々の深慮遠謀の裏側は「その時」になって 初めて分かることがよくあります。

 いずれにしても、今回の与野党合意を是として、中央との格差が顕著になっている地方の社会基盤整備をどうするのか、その財源をどのように手当てするのか、政局一番、政策二番ではなく、本質的な議論が行われることを期待します。

 本日、参議院でスタートした予算委員会、私も政務官として 陪席し、総理はじめ政府側と与野党議員との論戦に耳を傾けた次第です。

« つなぎ・ブリッジ・混乱回避? | トップページ | 中国製ギョーザ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つなぎ・ブリッジ・混乱回避? | トップページ | 中国製ギョーザ »