« わかったような、わからないような・・・ | トップページ | ちょっと 気になる雪景色 »

2008年2月 1日 (金)

中国製ギョーザ

 中国「天洋食品」の冷凍ギョーザによる中毒事件が発生し、被害が 3家族10人から 大きく拡大していきそうです。

 あってはならない事が起ってしまったという印象です。

 昨年から 食の安全にかかわる事件が我が国において頻発していましたが、実際の被害につながることにはなりませんでした。

 ところが、今回は、中国製ギョーザに有機リン系薬物「メタミドホス」という猛毒の殺虫剤が相当量含まれており、現在それを食した400人を超す被害者が出ているという事態は、大変ゆゝしき問題です。

 中国製の食品や製品の安全性については、従来から多くの問題があると指摘されてきました。

 日本では ホウレンソウや枝豆などの冷凍野菜から残留農薬が見つかったり、養殖ウナギから抗菌剤が検出されたりしました。また、おもちゃや練り歯磨き、ペットフードなどの問題が各国で発生しています。

 中国食品・製品の安全性に大きな疑問を抱かざるを得ず、中国産を使わないチャイナフリーの動きが強まることは避けられないでしょう。

 唯、我々が一番急いで対応しなければならないことは、第一に 被害が拡大しないよう 製品回収をはじめとする対策を講じること。

第二に 日中双方の政府が協力して 原因の徹底究明をし 再発防止策をとること。

第三に 加工食品の輸入業者や商社に対して、食材の安全性や現地工場の衛生管理を徹底させること。

第四に 輸入食品の検疫体制の強化を図ること。

などが 急がれるところですが、被害が発生してから 公表までに1ヵ月を要し、極めて重大な情報伝達不備により、新たな被害を防ぐことができなかった事実を憂慮するところです。

 まさに 判断と対応の甘さの検証が必要です。

 ところで、これ程多くの中国冷凍食品が 我々日本人の食卓やレストランに入り込んでいるのかと、改めて驚かされました。

 日本人の食生活が根本的に変化してしまったのでしょう。

 旬という言葉、地産地消という言葉が虚しく響きます。

 今回の事件が、今一度 食の安全に対する日本人の自覚と責任を促し、一人一人の意識改革をめざす契機となることを 願うものです。

« わかったような、わからないような・・・ | トップページ | ちょっと 気になる雪景色 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わかったような、わからないような・・・ | トップページ | ちょっと 気になる雪景色 »