« 人工的に雨を降らせる時がきた! | トップページ | 人間と機械 »

2008年2月19日 (火)

フォーミュラ・ニッポン -F1をめざして-

 「2008年 フォーミュラ・ニッポン記者発表会」が 2月19日午後 有明TFTビルのホールで盛大に開催されました。Cimg1065

Cimg1069                                                                                   

                                                                                                                                 

                                                      

   フォーミュラ・ニッポンとは、無駄なものを一切取り付けず、速く走るためだけに開発されたフォーミュラ・カーを操って順位を競い、全国5ヶ所のサーキットを転戦するシリーズ戦です。

 本年は 4月5・6日に 富士スピードウェイで開幕し、9月まで 8戦が予定されています。

 このフォーミュラ・ニッポンは、世界のモータースポーツ階級の中で フォーミュラ 1 いわゆるF1直下に位置するカテゴリーであり、有能な若手やベテランのドライバー20名が 明日のF1をめざして、しのぎを削ることになっているとのことでした。

Cimg1059 Cimg1060

 私は、国土交通大臣政務官としてだけではなく、自由民主党モータースポーツ議連の役員として、衛藤征士郎議連会長の代わりに出席したところです。議連に入っておりながらも、F1やフォーミュラ・ニッポンの観戦をしたこともなく、また サーキットでレーサーのまね事をしたこともない私ですが、モータースポーツが発展し、ファンや未来を担う子ども達に 大きな夢を感動を与えて頂くことを 心から期待しています。

 当日は、日本レースプロモーションの あの中嶋悟会長と同席し、こちらからは 道路特定財源について、あちらからは 公道を活用したレースの実施について、お互い意見交換をさせていただきました。

Img_0912

 

                                                                                                                                  

                                                                            

  最後に 2007年チャンピオンの松田次生や本山哲、そして 外国人を含む20名のドライバーが一堂に会し、各々が抱負を語りました。

 彼らの健闘を心より祈ります。

« 人工的に雨を降らせる時がきた! | トップページ | 人間と機械 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人工的に雨を降らせる時がきた! | トップページ | 人間と機械 »