« 漁師の悲鳴 | トップページ | 予算委員会 漸くスタート »

2008年3月12日 (水)

理不尽な民主党の不同意

 本日午前10時より開会された参議院本会議において、日銀総裁人事に関する同意案件が否決され、政府が提示した武藤敏郎氏の日銀総裁への昇格は白紙に戻りました。

 国会同意人事は、衆参両院が同意しなければ不同意となり、人事案の再提示が必要となります。

 何故 民主党は この人事案件に不同意なのでしょうか。

 昨日 衆・参の議院運営委員会で 総裁・副総裁候補の所信聴取が行われましたが、その質疑応答の中で 野党不同意の決定的理由を 残念ながら見つけ出すことができません。

「財務省幹部が日銀総裁に就任することは、中立性を保てない」という財金分離論を民主党は主張されているようですが、所信聴取はしたけれど 最初から不同意ありきということだったのではないでしょうか。

 日本の金融政策の舵取り役である日銀総裁の人事が、政治の思惑に揺さぶられて 空席となることは、日本の経済動向に多大の影響を与えるだけでなく、日本に対する国際的な信頼の低下につながりかねません。

 このような対応が、責任ある政党のすべきことなのでしょうか。

 従来民主党は、政府が同意人事を提案した際、十分吟味するために 採決まで約10日間を必要とする、いわゆる「10日間ルール」を主張されてきました。

 ところが今回は、議運委員会における所信聴取をした翌日に 本会議で採決に持ち込むという暴挙に出ました。

 議事録を作成し、その内容を十分精査して判断すべきという 自民党 世耕議運筆頭理事の主張をはねのけ、国会の赤十字であるべき議院運営委員会において 与党議員欠席のもと本会議建てを 民主党の西岡委員長の職権で決めてしまったという事実は いかがなものでしょうか。

 何でもありの状態です。

 専門家も 経済界も賛成し、国際的にも大変評判の良い武藤候補を、衆議院での採決も待たず、無理矢理 参議院において不同意とする民主党の手法は、許されるべきものではなく、与野党間の今日迄に築き上げてきたギリギリの信頼関係すら打ち壊してしまったのです。

 民主党議員の中にも、不同意とすべきではないとの意見を持つ人もいたようですが、すべてを政局がらみで考え、行動する大きな力が働いたのでしょう。

 今の民主党は、独裁者に支配された集団であり、数の論理で何でも押し切る理念なき集団になってしまっているように思えてなりません。

 10日間を無駄にし、漸く明日から参議院予算委員会がスタートします。慎重審議をする時間すら到底確保できない状態ですが、3月末に向けて どうなることやら。

 しかし、我々政治家は 国民に対しての政治責任は 必ずや果さなければなりません。

« 漁師の悲鳴 | トップページ | 予算委員会 漸くスタート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漁師の悲鳴 | トップページ | 予算委員会 漸くスタート »