« 県連新執行部 挨拶回り | トップページ | 不可解な民主党の方針 »

2008年4月23日 (水)

iPS細胞と再生医療

 先般、iPS(幹細胞)研究支援議員連盟 及び 再生医療を推進する議連の設立総会が続いて開催されました。

 山中伸弥京都大学教授らの研究による ヒト人工多能性幹細胞 いわゆるiPS細胞に 現在大きな関心が寄せられています。

 このiPS細胞とは、ヒトの体から採取された細胞に 4種類の遺伝子を導入して作成され、ES細胞と同じような分化能力と 高い増殖能力を有するものです。

 すなわち、さまざまな臓器や組織の細胞に変化する新型万能細胞という訳です。

 このiPS細胞を先端的な医療行為に利用する研究がなされており、患者の皮膚からiPS細胞を作成し、神経や筋肉などに変化させれば、拒絶反応のない再生医療が実現できると期待されているところです。

 先の議連における報告によれば、世界の再生医療の研究は 相当進んでおり、「ねずみの背中にヒトの耳が再生されている衝撃的な写真」や「患者の口や足からとった細胞で 作成された細胞シートによって再生される角膜や心筋の治療の様子」などが紹介され、素人の私は 大変驚いた次第です。

 iPS細胞の特許をめぐる国際競争が激しさを増している中、再生医療行為についての特許を 日本において早く認めるようにすべきでしょう。

 そして 医学と工学の融合による先端的な再生医療技術が、我が国において研究開発され、安全かつ有効な治療法としての再生医療が早く実現されることを望んでいます。

 そのためには、山中教授らの研究を全面的にバックアップすることが必要です。

« 県連新執行部 挨拶回り | トップページ | 不可解な民主党の方針 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 県連新執行部 挨拶回り | トップページ | 不可解な民主党の方針 »