« 私のアフリカ週間 | トップページ | SEA JAPAN 2008 »

2008年4月 9日 (水)

党首討論

 本日午後3時より、参議院第1委員会室において 国家基本政策委員会合同審査会、いわゆる党首討論が行われました。

 前回の面白味に欠ける討論とは様相を異にし、道路特定財源・日銀総裁・副総裁同意人事案件・チベット問題についての応酬が 福田・小沢両氏間であり、与野党議員の不規則発言もあいまって 多少盛り上がったように感じられました。

 特に 福田総理は、単に小沢代表の質問に答えるのみにとどまらず、小沢代表に対して 率直な質問を浴びせるなど、本来の党首討論の形になったと思います。

日銀正副総裁人事への民主党の対応について「誰と話せば信用できるか分らない!」

租税特別措置法(ガソリン税暫定税率維持を含む)問題に関して「民主党は結論を出すのが遅い!」

などなど、かなり厳しい民主党批判・小沢代表批判が飛び出しました。話し合い路線を重視する福田総理としては、理不尽な民主党の対応に 相当怒っているのでしょう。

 心中察するに余りあります。

 それにしても、日本の金融の司令塔たる日銀正副総裁の同意人事案件に対する小沢代表の政局やメンツにのみ囚われた対応と、民主党の内部混乱の状況とには、ほとほと嫌気がさします。

 これって私一人だけの感想でしょうか。

 本日は、総理の真後ろの席に座っていただけに、大変臨場感のある45分間でした。

« 私のアフリカ週間 | トップページ | SEA JAPAN 2008 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私のアフリカ週間 | トップページ | SEA JAPAN 2008 »