« 電波の日・情報通信月間 記念祝賀会 | トップページ | たった5分間の委員会 »

2008年6月 2日 (月)

TICAD Ⅳ の後も、またアフリカ

 5月31日(土) モザンビークのゲブーザ大統領ご一行が 愛媛県を訪問されました。

 国家元首が来県されるのは 愛媛県政史上 初めてのことだそうです。

 2日前、ゲブーザ大統領 及び 閣僚の皆さんと 私達 外交調査会のメンバーとの夕食会が横浜で開催され、大統領や一部閣僚とは 大変親しく話す機会に恵まれていました。

 その時、「私のホームタウンは愛媛県です。ご来県を心からご歓迎します。・・・・」 と 挨拶させて頂き、今回の訪問についての話に花が咲きました。

 実は、愛媛県の「えひめグローバルネットワーク」というNPO法人が、松山市から無償で譲り受けた放置自転車をモザンビークへ送るというボランティア活動を 2000年から続けています。Cimg1242

                                               

えひめグローバルネットワーク  竹内よし子代表と モザンビークの若者たち

                                   

 一方、モザンビークでは 約30年間続いた内戦により、銃をはじめとする多くの武器が一般国民の手に残っており、その問題解決のため 現地のNGOによる 銃を自転車などの生活物資と交換するという取り組みが行われています。

「銃を鍬へ」という活動であり、市民が行っている武装解除の成功例として世界的に高く評価されているところです。

 この二つの活動が連携し、さらに 回収した銃を アート作品として甦らせる運動にまで発展しており、当日レセプション会場にも多くの作品が展示されていました。 大変素晴らしいことです。

 民間ベースで 世界平和のために貢献し、国際協力や 国際交流を実現させている 竹内よし子代表はじめ「えひめグローバルネットワーク」のボランティアの方々に 心から敬意を表し、拍手を送りたいと思います。Cimg1243 Cimg1244

                     銃から作った アート作品の贈呈 Cimg1245_2                  

                      

                                                              愛媛県の地図の贈呈

                                     

                                 

 このような実績と熱意に応えて、ゲブーザ大統領の来県が決定されたとのことでした。

 歓迎レセプション会場で再会した大統領と笑顔で固い握手をし、御礼を申し上げ、さらに モザンビークで再びお会いすることを約束した次第です。

 政府間の外交もさることながら、民間交流の力強さを感じました。Cimg1240

                                                   

                                              

ゲブーザ大統領・加戸守行愛媛県知事と共に

« 電波の日・情報通信月間 記念祝賀会 | トップページ | たった5分間の委員会 »

地元活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電波の日・情報通信月間 記念祝賀会 | トップページ | たった5分間の委員会 »