« 弱り目に祟り目 | トップページ | ゲノム・シーケンスって 何? »

2008年6月17日 (火)

産学官連携功労者表彰

6月14日(土)第6回 産学官連携功労者表彰に出席のため京都を訪れ、また視察を行いました。

Img_1653 Img_1658

                                     

                

               

                

              

         

国道9号立体交差工事現場を視察Img_1625_2しました。

                                    

                                       

                                      

                

                                    

京都迎賓館を視察しました。Img_1632 Img_1641

Img_1642 Img_1650

                    

                  

琵琶湖疎水の導水路として作られた「南禅寺  水路閣」Img_1662_3 Img_1663を視察しました。

 京都にとって、昔からの夢であった琵琶湖の水を引くための琵琶湖疎水は、着工から5年後の明治23(1890)年に完成しました。水力発電を採用したおかげで、新しい工場ができ、路面電車も走り出し、明治維新による東京遷都で沈みきっていた京都にも活力が戻りました。それから20年後、更に豊かな水を求めて第2疎水を建設し、同時に水道と市営電車を開業したことで、今日の京都のまちづくりの基礎ができあがりました。                 琵琶湖疎水はまさしく明治から現在に至るまでの京都に命の水をもたらしてくれています。

« 弱り目に祟り目 | トップページ | ゲノム・シーケンスって 何? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弱り目に祟り目 | トップページ | ゲノム・シーケンスって 何? »