« 「第16回水軍レース 開会式」 | トップページ | 「日本丸 入港歓迎式典」 »

2008年7月29日 (火)

内閣改造はいつ?

 国会が閉幕して約1ヶ月余りとなりました。Img_2030_3

  その間、国土交通大臣政務官として日本各地の視察や職員激励のために全国を飛び回り、大変貴重な経験をすることができました。

 この一連の視察の締めとして、地元四国四万十川流域の視察を27日・28日と行い、いよいよ内閣改造に供ない、11ヶ月間の政務官としての仕事を終える予定です。

 ところが、福田総理からは、内閣改造に対する明確なメッセージが発信されず、いつ我々も辞職するのか、まだ未定という状態が続いており、今後の予定すら立てにくい状況です。

 すでに発注済の「退任ご挨拶」と刷り込んだ名刺を使うのはいつなのでしょうか。

 ところで、最近留守がちの中央においては、来年度予算の編成作業が佳境を迎え、その大枠を決める概算要求基準(シーリング)が本日閣議了解されます。

 大変厳しい財政状況の中、年末に向け各分野ともに困難な折衝が続くことになりますが、我が国交省においても 従来通りの3%減となる公共事業費の削減率にさらに2%の上乗せがされ、さらに道路特定財源の一般財源化の具体的方針を示さなければならないなど、タフな交渉が待っている状況です。

 財源不如意の中、基礎年金の国庫負担引き上げ(2兆3000億円必要)や2200億円抑制してもさらに増加する社会保障費の自然増、また原油高騰対策や地球温暖化対策などへの対応もしなければならず、本当に厳しい予算編成作業となることは避けられないところです。

 私も地元活動に専念しつつ、今後本格化する税制改正へ向けての議論も含め 精力的な活動をしなければならないと思っています。

 それにしても 予算編成へ向けての熱気を上回る連日の酷暑には辟易despairしています。熱中症対策等、お互いに体調管理には十分留意しましょう。

« 「第16回水軍レース 開会式」 | トップページ | 「日本丸 入港歓迎式典」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「第16回水軍レース 開会式」 | トップページ | 「日本丸 入港歓迎式典」 »