« 「愛媛県薬剤師会第55回臨時代議員会」 | トップページ | 新たな決意 »

2008年9月30日 (火)

かしこくも、御名御璽をいただき・・・

 昨日(9月29日)衆参両院の本会議において麻生総理就任後初の所信表明演説が行われました。

「わたくし麻生太郎は、国権の最高機関による指名、かしこくも、御名御璽をいただき・・・」

「118年になんなんとする、憲政の大河があります。・・・日本人の苦難と幸福、哀しみと喜び、あたかもあざなえる縄のごとき、連綿たる集積があるのであります。」

「その末端に連なる今この時、わたしは、担わんとする責任の重さに、うたた厳粛たらざるを得ません。」

「日本は強くあらねばなりません。・・・」

「日本は、明るくなければなりません。・・・」

「日本国と日本国民の行く末に、平和と安全を。人々の暮らしに、落ち着きと希望を。そして子供たちの未来に夢を。」

「わたしは悲観しません。日本と日本人の底力に、一点の疑念も抱いたことがありません。・・・」

 まさにこれぞ麻生節!

 久々に歴史と伝統を重んずる極めて力強い所信表明演説でした。

 さらに、国会運営や補正予算案への対応、消費者庁創設、日米同盟と国連との優先劣後、インド洋での補給支援活動、等について民主党へ逆質問するという対民主党挑発戦略ともいうべき内容の所信表明でもありました。

 まさに解散近しとの様相漂う本会議場でした。

 今後、政党間の対決だけに留まらず、国民目線に沿った本格的な党首討論を望むものです。

 それにしても、民主党以外の野党は相手にされず、ちょっと悲しい状況になったのではないでしょうか?

« 「愛媛県薬剤師会第55回臨時代議員会」 | トップページ | 新たな決意 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「愛媛県薬剤師会第55回臨時代議員会」 | トップページ | 新たな決意 »