« 「敬老会」 | トップページ | 誰のための討論番組? »

2008年9月 9日 (火)

「町村派バラバラ」なんて・・・

 昨日午後 清和研の総会が開催されました。

 中川・町村・谷川 各代表世話人より挨拶があり、総裁選への清和研としての対応について協議することになりました。

 多数の議員からそれぞれの意見が開陳されましたが、全員一致で対応しようというところにまでは到りませんでした。現在のところは致し方のないことでしょう。

 しかし、「総裁選は権力闘争であり、投票後にラグビーの世界でのノーサイドには簡単になれない」という意見に象徴されていますが、総裁に立候補する者、その候補者を応援する者の政治家としての覚悟・矜持が問われることを我々はしっかりと認識する必要があると思います。

 会の最後に森最高顧問から約40分間、清和研の歴史や自民党総裁選の過去の様々ないきさつ等々についてお話がありました。

 マスコミ報道のとおりです。

「町村派バラバラ」なんてタイトルの躍る新聞もありましたが、我々の団結力はそれほど簡単にこわれるものではありません。

 清和研の衆・参双方共にしっかりと話し合い、お互いの立場を認めつつ、会の団結を固めて、総裁選へ向かうことになると確信しています。

« 「敬老会」 | トップページ | 誰のための討論番組? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「敬老会」 | トップページ | 誰のための討論番組? »