« 自民党総裁選挙へ向けて | トップページ | 石鎚神社敬神婦人会 創立40周年奉祝記念式典 »

2008年9月 5日 (金)

いよいよ総裁選も佳境へ

 福田総理の後継総裁を選ぶ自民党総裁選に注目が集中してきました。

 麻生太郎氏に続き、与謝野馨氏、小池百合子氏、石原伸晃氏が出馬への意欲を示し、さらに若手からも立候補へ向けての準備を始める人が出てくるといった様相を呈しています。

 危急存亡の危機に立たされた自民党の起死回生の復活劇が始まろうとしているかのようです。

 代表選手を封じ込めるが如き民主党との違いを明確にし、開かれた国民政党としての本来のあるべき自民党の姿を取り戻すチャンスとなることを確信します。

 今地方はかつてない程、疲弊してしまい、景気低迷・物価高騰等による国民生活の不安定や、老後に対する不安感、また国家としての明確な指針の欠如など、日本を取りまく社会情勢は極めて不確実で不信感漂う状況となっています。

 このような時であるからこそ、単なる有権者への甘言ではなく、次の為政者として責任ある論争を候補者同士が真剣に展開し、国民の皆様も巻き込んで共に国の将来、自らの未来を考えていく体制を構築していくことが極めて肝要であると信じます。

 まだ候補者全員が出揃った訳ではありませんが、10日から22日まで、全国18ヶ所で予定されている立会演説会や共同記者会見を通じ、各々の政策が国民にしっかり伝わるよう国のため大いに奪闘されることを期待します。

 実は私も連日仲間と会合を重ね、今回の総裁選への対応について協議を続けています。

 何といっても従来の派閥間の戦いとはかなり違った状況下での総裁選であるだけに、大変微妙な状況が展開されているところです。

« 自民党総裁選挙へ向けて | トップページ | 石鎚神社敬神婦人会 創立40周年奉祝記念式典 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自民党総裁選挙へ向けて | トップページ | 石鎚神社敬神婦人会 創立40周年奉祝記念式典 »