« 何と不可解な・・・ | トップページ | 「第35回五人主記念少年剣道大会」 »

2008年11月21日 (金)

キレない子ども達を!

 昨今小学生の暴力事件が急増しているとの悲しい事実が明らかとなりました。

 言葉よりも先に手が出てしまう児童・生徒が何故増加しているのでしょうか。

・自分の感情をコントロールすることができない

・規範意識が低下している

・コミュニケーション能力が低下している

など様々な理由が考えられます。

では何故そのようなことになってしまったのでしょう。

・道徳教育が軽んじられ、家庭教育も十分なされていない

・学校や地域全体の教育力が衰え、心豊かで逞しい子ども達を育成できない

・自己中心的な価値観に左右される社会の歪みが出てきた

・ゲームやインターネットの中で仮想社会に身を置く習性が顕著になりつつある

・携帯電話やメールの普及により思考能力・表現能力に欠落がみられる

などの原因が考えられます。

 「子どもの暴力事件が急増」などというニュースが流れることのないよう、その健全育成のため、大人全てが重大な責任を背負いつつ、 教育の正常化のために全力を傾注しなければならないと確信するところです。

 教育基本法が改正され、新学習指導要領のもと、今回中学生全員が武道を学ぶことになったことは朗報です。

 「礼に始まり礼に終わる」という武士道精神の一端でも、子ども達がその成長の過程で学ぶことができることを大変喜んでいるところです。

« 何と不可解な・・・ | トップページ | 「第35回五人主記念少年剣道大会」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何と不可解な・・・ | トップページ | 「第35回五人主記念少年剣道大会」 »