« 「第10回近見地区軽スポーツ大会」 | トップページ | キレない子ども達を! »

2008年11月18日 (火)

何と不可解な・・・

 昨日突然 自民・民主両党の党首会談が小沢代表の要請により行われました。 

 何度となく我が党から党首討論の開催を要請しているにもかかわらず、それを受け入れず、自己の都合により裏舞台での会談を求める民主党小沢代表の手法は国民から理解されるものではありません。

 さらに、第2次補正予算案を直ちに国会へ提出しなければ、参議院で過日決定されている各委員会の開催をしない、すなわち、新テロ対策特別措置法改正案や金融機能強化法の採決は行わない、審議は拒否するということだそうです。

 何とも小沢さんらしい独善的な要求ではないでしょうか。

 麻生総理が反論したとおり、参議院で各委員会が正式に決定した話を、党首が一方的に破棄するということは、議会のルールを無視することであり全く納得できる話ではありません。

 案の定、会議は決裂し、本日予定されていた委員会は全て開会されず、現場はかなり混乱しました。

「委員会の理事会で決定された事項が何故一方的に破棄されるのか、その理由を明示せよ。」

「いやぁ、国対の指示ですから」

「党首の方針がいろいろ変われば、その都度委員会の正式決定が一方的に覆されるのか」

「いやぁ・・・

「党の方針で参議院での委員会を開催しないと言いながら、衆議院では粛々と本会議が開催されている事実をどのように説明するのか」

 いかにも理不尽な民主党の迷走だと指摘せざるをえません。

 このような民主党に「一度政権を取らせてみたら」という言葉をすんなり受け入れることはできないと再認識したところです。

 ところが、マスコミでは、このような民主党のメンバー自身が困惑するような独裁的な党運営の実態を報道することがあまりないことが残念です。

« 「第10回近見地区軽スポーツ大会」 | トップページ | キレない子ども達を! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「第10回近見地区軽スポーツ大会」 | トップページ | キレない子ども達を! »