« 何故山陰なのか、裏日本なのか | トップページ | 「久万高原町 消防出初式」 »

2009年2月26日 (木)

360度 全方位をみて・・・

 1月13日に衆議院から参議院へ送付されてきた予算関連法案がまだ採決されていません。

 100年に一度という経済危機に対し多様な景気対策を含む第二次補正予算が宙ぶらりんのまま、執行することができない状態です。

 単に政局を重視するだけで、大切な政策の実行を阻止している民主党に対して 大変腹立たしい思いで一杯です。

 一日も早く 第二次補正予算関連法案を成立させ、国民の生活を防衛し、安心・安全な社会の構築をめざしたいものです。

 この二次補正予算案が来週中に成立する流れができつつあるようですが、そうなると、恐らく3月20日頃を目途にして高速道路の大幅な割引きが実施されることになるでしょう。

 休日:上限1000円

 平日:3割引き、通勤時間帯は5割引き

多くの有権者の皆さんから熱望されている政策の一つです。

 ところがこの政策の実行により、一方では深刻な打撃を受ける業界があります。

 それは、瀬戸内海等で 細々と運航している旅客フェリーなど 海運業界です。

 本日朝9時より、党本部において、海運・造船対策特別委員会・海事立国推進議連合同会議が開かれ、海運業界の皆さんから強い要望を受けました。

 政策には公平性が必要です。

 政府の景気対策についてプラスとマイナスの影響がある場合、何としてもその補正をしていくことが求められます。

 政治家は政策立案に関し、360°全方位に関心を持っていなければならないことを再認識するところです。

« 何故山陰なのか、裏日本なのか | トップページ | 「久万高原町 消防出初式」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何故山陰なのか、裏日本なのか | トップページ | 「久万高原町 消防出初式」 »