« 「愛媛県クリーニング業生活衛生同業組合 懇親会」 | トップページ | ようやく再可決 »

2009年3月 4日 (水)

やっぱり

 昨日、民主党小沢代表の公設第1秘書が、西松建設から違法な企業献金を受け取っていたとして、東京地検特捜部に逮捕されました。

 政治資金規正法違反の舞台となった小沢代表の資金管理団体「陸山会」は、東京都内などに総額10億円を超す不動産を購入しており、不適切との指摘がされていましたが、その陸山会の会計責任者を務めている第1秘書の逮捕は極めて衝撃的であり、また「やっぱり」との印象をぬぐうこともできません。

 ところが民主党幹部のコメントの中には、

「仕組まれた陰謀だ」

「政治の権力を利用した許されざる行為だ」

「国策捜査だ」

などという極めて不謹慎な言葉が発っせられていることは大変残念であり、理解に苦しみます。

 東京地検特捜部が この時期に強制捜査に踏み切ったからには、相当な確証を得た上での対応と思われます。にも拘わらず、民主党幹部だけでなく、当事者の小沢代表までもが、

「今回の強制捜査は異常な手法による異例な捜査である」

「不公正な国家権力・検察権力の行使である」

「国民にお詫びする理由が見当たらない」

と公言する姿に、失望感を味わった国民の皆さんも少なくないと思います。

 今回の虚偽記載の疑いによる政治資金規正法違反に関して、小沢氏自身は国民に対する説明責任を果たすべきです。

 また、何故西松建設からあれ程多額の政治献金をしてもらう必要があったのかその理由を明示すべきです。

 そして、政治とカネの問題で国民の信頼を失いつつある昨今、政権交代をめざす政党の代表として、今回の事件を重く受けとめるべきではないでしょうか。

 加えて、北朝鮮による拉致事件に対し金銭的な解決しかないとの趣旨の発言を行ったり、日米同盟に関して第七艦隊だけに頼りその他はいらないという趣旨の発言をされたりする小沢代表の総理としての資質に大きな疑問符をつけざるをえません。

 今後の捜査の展開を注目するところです。

« 「愛媛県クリーニング業生活衛生同業組合 懇親会」 | トップページ | ようやく再可決 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「愛媛県クリーニング業生活衛生同業組合 懇親会」 | トップページ | ようやく再可決 »