« 新年度始まる | トップページ | 坊ちゃん劇場 オープン第4作目ミュージカル「鶴姫伝説」お披露目公演 »

2009年4月 3日 (金)

 千鳥ヶ淵の桜が満開を迎えようとしています。

 日本人にとって桜の木・桜の花びらは特別なものであり、その開花によって春の訪れを感じます。

 昨日、九段会館において、同期の友人達と夜桜を鑑賞する花見の宴を開催しました。

 気のおけぬ仲間が集い、皇居の素晴らしい桜を眺めながら、おいしい酒と料理を満喫したところです。

 昨年の今頃はガソリン騒動の真只中におり、とても花見気分ではありませんでした。

 それにしても、桜の満開の美しさと散り際の良さは、日本になくてはならない心を伝えてくれるものです。

「散る桜、残る桜も散る桜」

« 新年度始まる | トップページ | 坊ちゃん劇場 オープン第4作目ミュージカル「鶴姫伝説」お披露目公演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年度始まる | トップページ | 坊ちゃん劇場 オープン第4作目ミュージカル「鶴姫伝説」お披露目公演 »