« 肱川流域総合整備促進協議会陳情 | トップページ | 第47回燧洋会書展 一般部受賞式 »

2009年7月16日 (木)

両院議員総会をめぐって

 「東京都議会議員選挙における大敗を含む地方選挙6連敗の結果を謙虚に受け止め、その敗因を総括するとともに、次期衆議院選挙に向けての体制立て直し、今後の方針等について、党所属国会議員全体で真剣な議論を行うため、早期の両院議員総会の開催を求めます。」

 本日有志の皆さん130名余りの署名を添えて、上記開催要求が自民党細田博之幹事長に出されました。

 私にも賛同者に名を連ねるよう依頼がありましたが、署名はしませんでした。

 この名簿の中には、「麻生おろし」を目論む人や、マニュフェストの早期提示を求める人、地方選挙の結果を総括することを麻生総理に要求する人、次期総選挙に向かっての総理の強力なアピールを期待する人など、様々な考え方が混在しているからです。

 現に、今の時点においても署名を撤回する人も出ているようです。

 両院議員総会が開催されるか否かはまだ確認できていませんが、自民党本部におけるこのドタバタ劇が自民党の党勢を低下させてしまうことは容易に想像できるところです。

 また、逆風に喘ぎつつも地方組織をしっかりと支えてくれている同志の皆さんの気持ちを弄ぶことにもなってしまうことを危惧しています。

 今は、厳しい我が党の立場をしっかりと認識した上で、一致結束して総選挙に立ち向かう気概を国民の皆さんにお見せすることこそ重要ではないでしょうか。

 もちろん、いずれかの場において、麻生総理が地方選挙の結果を謙虚に反省し、明快な政権公約を提示し、次期総選挙に向けて体制の立て直しを図る強力なアピールをする必要性があることは言うまでもありませんが。

 敵は内にあるのではなく、民主党の無責任な政策にあることを再認識すべきと思います。

 もうすぐそこに総選挙が迫っているのですから。

« 肱川流域総合整備促進協議会陳情 | トップページ | 第47回燧洋会書展 一般部受賞式 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肱川流域総合整備促進協議会陳情 | トップページ | 第47回燧洋会書展 一般部受賞式 »