« 外交デビュー⑤ | トップページ | 戦いすんで日が暮れて・・・ »

2009年9月 1日 (火)

歴史的大敗

 暫くの間、このブログもお休みして選挙運動に没頭していました。

 残念ながら我が自由民主党は歴史的大敗をし、政権交代を余儀なくされることになってしまいました。

 地元愛媛県においては、1・2・4区で辛勝し、一息ついたところではありますが、全国的に自民党に対する厳しい不満と批判とを払拭することはできませんでした。この現実を真摯に受けとめざるをえません。

 長らくの間、政権与党の立場にあった自民党に対して、「国民目線に合致していない政策があったのではないか」「緊張感に欠ける政権運営ではなかったか」「官僚との関係に緩みがありすぎたのではないか」等々の批判があることを謙虚に受け入れ、我が党の再生を今日から始めていかなければなりません。

 今、政治が停滞することは許されません。喫緊の課題である景気・雇用対策や地方活性化策に加え、社会保障制度のあり方や教育・外交の進むべき道筋をしっかりと確立するための政策を再度吟味し、国民の皆さんからの信頼回復につとめていく必要があります。

 さらに、健全野党として、単なる反対のための反対をすることなく、しかし一方では財源なきバラマキ政策の如き民主党の政策に対する厳しい監視の目を休めることなく、国民の幸せと安全・安心の確保のために真正面からの議論をしていかなければならないと自戒しているところです。

 今こそ自民党復活のため、日本の再生のため、自民党の英知を結集する時がきたと思っています。

 ところで、今回の選挙において、マスコミ各紙・各局は従来以上に出口調査を重視し、その速報を基にした予想番組を編成していました。

 ところが、その予想が大きくはずれ、我が地元では各マスコミがことごとくはずれていました。

 一部マスコミでは間違った当確を早々に打ってしまいました。

 この情報化社会の中、出口調査の信頼性がどこまで上がっているのか、単なる聞き取り調査では正確な人の心を読み取ることが困難な時代の中で我々は生きていることをもう一度認識しておく必要があるのではないでしょうか。

 マスコミ報道が国民に与える影響が極めて大きいだけに、「早かろう、悪かろう」の報道姿勢に疑義を唱え、その改善を求めるものです。

« 外交デビュー⑤ | トップページ | 戦いすんで日が暮れて・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外交デビュー⑤ | トップページ | 戦いすんで日が暮れて・・・ »