« 第32回近見地区住民クロッケー大会 | トップページ | 鳩山政権の不安と小沢独裁への懸念 »

2009年10月26日 (月)

第173回 臨時国会 開幕

 本日、第173回臨時国会が召集されました。

 昨日 夜 八幡浜で開催された自民党支部代表者会議に出席したので朝の一便で上京し、本会議開会直前に本院に到着した次第です。

 午後1時からは、天皇陛下のご臨席を仰ぎ、厳粛な雰囲気のもと開会式が執り行なわれました。

 岡田外相の陛下のお言葉に対する不用意な発言が、陛下のお心を傷つけたのではなかろうかと心配していましたが、陛下の 『国民の信託にこたえるように』 というやさしくも凛としたお言葉に決意を新たにしたところです。

 さて、午後3時からは衆議院に続いて参議院において、鳩山首相の所信表明演説が行われました。約50分余りの長い演説ではありましたが、その「友愛政治」の内容があまりにも情念的・理念的理想論に過ぎ、その具体策と国民負担の実像が伝わりませんでした。

 今後、鳩山イズムの矛盾点を代表質問戦や予算委員会において真正面から論議し、野に下った自民党のこれからの再生戦略を国民の皆さんへマスメディアを通じて明らかにしていかなければならないと思っています。

 もちろん、以前の野党の如く、反対のための反対論ではなく、是々非々の立場から正々堂々たる論陣を張っていかなければなりません。

 今国会での論争こそが、我が自民党復活へ向けての極めて重要な第一ステージになることを改めて認識しておく必要があると思っています。

 今から、農政通である加藤紘一代議士の赤松農相への質問や舛添要一参議院議員の長妻厚生大臣への質問等々に大いに期待しているところです。

 ただ、民主党側が予算委員会を長く開かないという便りが届いていることを憂慮しています。

« 第32回近見地区住民クロッケー大会 | トップページ | 鳩山政権の不安と小沢独裁への懸念 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第32回近見地区住民クロッケー大会 | トップページ | 鳩山政権の不安と小沢独裁への懸念 »