« 鳩山政権の不安と小沢独裁への懸念 | トップページ | 市立宇和島病院創立百周年記念式典 »

2009年10月29日 (木)

参議院 代表質問戦

 本日午前10時から参議院本会議が開会され、昨日の衆議院に続いて参議院においても代表質問が行われました。

 我が自民党の一番バッターは政審会長の林芳正議員。

 鳩山総理の所信表明の矛盾をつき、日本のあるべき将来像を語り、大変内容のある立派な質問でした。

 その質問に対する鳩山総理の答弁にはコメントしません。

 唯、あまりに形容詞の多い抽象的すぎる内容であったことは否めず、抗議の声で私の喉も若干かれ気味です。

 マスコミの多くの皆さんも、昨日の衆議院の質問戦よりは、はるかに充実しており、戦う参議院自民党の面目躍如といったところでしょうか。

 明日も午前10時から質問戦がスタートします。

 是非 注目して下さい。

 尚、アフリカ ケニア視察の紀行文も8割方完成しています。

 乞 ご期待。

« 鳩山政権の不安と小沢独裁への懸念 | トップページ | 市立宇和島病院創立百周年記念式典 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳩山政権の不安と小沢独裁への懸念 | トップページ | 市立宇和島病院創立百周年記念式典 »