« 第173回 臨時国会 開幕 | トップページ | 参議院 代表質問戦 »

2009年10月28日 (水)

鳩山政権の不安と小沢独裁への懸念

 鳩山内閣が大きく揺れています。 政権交代から1カ月余り。 その動向を見極めるまでは批判を差し控えるべきとの考え方や、是々非々の立場で何でも反対の姿勢を取るべきではないとの観点から、自分自身の考え方を押さえ気味にしてきました。 また、このような対応をしてほしいとの知人からのアドバイスも多々ありました。

 しかしこのままでは日本が沈没しそうな気がしてなりません。

 まずは普天間基地移転問題。日米安保条約に裏打ちされた日米同盟の重要性に鑑み、国家間の約束事であるこの移転問題に対して、総理及び閣僚の発言が混乱し、閣内不一致が深刻な状況になっています。

 宙を舞うような首相発言。

 柔軟性のない岡田外交。

 全く裏付けのない北沢防衛相発言。

 このままでは、アメリカマスコミが杞憂する日米関係悪化の大合唱が現実のものとなり、アジア全体の安全保障の骨格が崩壊する危険性があります。

 また、「政治主導」 「脱官僚」という民主党マニフェストの基本路線もゆらいでいます。 日本郵政人事において、「亀井商店」が指名委員会を無視し、政府が提案し自らが承認するという手法や、斎藤次郎社長はじめ元大蔵官僚等の天下り人事の乱発。 今後民営化からの回帰、官僚支配への復帰が進んでしまうのでしょうか。 答弁資料の官僚による作成をどうするかについても混乱しているようです。 恐らくや、「政治主導」 「脱官僚」という理念の具体像が、各閣僚に共有されていない事に起因するのでしょう。 それぞれの閣僚が政治主導のもとに単に自己主張だけしているように見えます。

 さらに、民主党が野党時代にあれ程徹底審議を主張したにもかかわらず、政権交代後国民の皆さんが注目している代表質問戦や予算委員会に質問者を立てず、予算委員会の審議日数を衆・参各々1日限りと主張している姿は、およそ議会制民主主義の責任を果たしているようには思えません。恐らく、民主党に所属する議員の中にも、このような現実逃避・選挙最優先・議員の責任放棄路線に異を唱えている人はかなりいるのではないでしょうか。

 また、マスメディアで予想外に厳しい追求が始まっている鳩山総理偽装献金問題にしても、鳩山マネーの転用常態化の信じられない非常識とコンプライアンスの欠如に対する総理の説明責任が果たされるのか、注目です。

 昨日、関門海峡において護衛艦「くらま」と韓国のコンテナ船が衝突し炎上するという痛ましい事故が起こりました。 この「くらま」は先の観艦式の旗艦として副総理が観閲のため上船したと聞き及んでいます。

 民主党政権の行く末に暗雲が立ちこめるのでしょうか。鳩山総理、しっかりして下さい。 いや 小沢さん、あまり独裁主義に陥らないように頼みますよ。

« 第173回 臨時国会 開幕 | トップページ | 参議院 代表質問戦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第173回 臨時国会 開幕 | トップページ | 参議院 代表質問戦 »