« ODA視察⑥これぞ日本型ODA | トップページ | ODA調査⑦ ライオンのおしっこ »

2009年11月11日 (水)

三毛ネコの怪

 「三毛ネコはほとんどメスで、オスの三毛ネコは滅多にいない」

 先日の読売新聞夕刊に大変興味深い記事が掲載されていました。

 三毛ネコとは、白・茶・黒の三色の毛が混ざったネコであることは言うまでもありません。何故ほとんどメスなのか?

 昔学校で習ったように、哺乳類の性染色体のメスはXXで、オスはXYです。

 茶毛や黒毛の遺伝子はX染色体の同じ場所に存在するが、白毛の遺伝子は性染色体以外のところにあるそうです。

 従ってオスはXYという構造故、白茶か、白黒になる確立が極めて高くなる訳です。

 ところが、適当な量の白毛を作れるメスの、片方のX染色体に茶の、もう一方に黒の遺伝子が乗っていると、三毛になるというのです。

 それは、一つの細胞の中ではX染色体は一本しか活性化しないので、ある皮膚の細胞では茶毛の遺伝子が、別の皮膚の細胞では黒毛の遺伝子が働くからです。

 ご理解頂けるでしょうか。

 ヒトの性染色体もメスはXX・オスはXYです。すなわち、メスは細胞ごとに異なるX染色体が働いているモザイクから成る故、何かにつけて、男性は単純だが、女は複雑だという理由がここで解明されることになります。

 ほんまかいな。

 三毛ネコは、ほとんどがメスであるという生物界七不思議の一つが、最近理由判明したという生物学者池田清彦氏の主張に異議のある方は直接ご本人に確かめて下さい。

 尚、極めて珍しいオスの三毛ネコは、実はXXYという性染色体をもっているとのこと。

 その学術的解析を残念ながら私は理解できませんが、世の中変わった男性もいるという事実は受け入れることができます。

 とりあえず、雑学の一助になれば・・・。

« ODA視察⑥これぞ日本型ODA | トップページ | ODA調査⑦ ライオンのおしっこ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ODA視察⑥これぞ日本型ODA | トップページ | ODA調査⑦ ライオンのおしっこ »