« 第10回元気えひめの会 | トップページ | 半島振興対策促進大会 »

2009年11月25日 (水)

日本の科学技術が危ない!

  今朝8時から文部科学部会が開催され、「国家戦略としての科学技術の重要性について」をテーマとして活発な議論がなされました。

 特に、ノーベル化学賞受賞者である野依良治理化学研究所理事長が出席され、科学技術予算に厳しい査定の続く「事業仕分け」に対して大変手厳しい批判を展開されました。

 「科学技術は我が国の生命線」というレジメをもとに、日本の科学技術関係予算の他国との比較や、アメリカにおける科学技術分野の博士号取得者の国籍状況などの分析をしながら、日本の衰退を大変心配されておられました。

 「失敗は成功のもと」という言葉に表されているとおり、科学技術予算のムダを判定することは非常に難しいとの認識に立ち、「仕分けチームには何がムダかという哲学がない」

「世界1位でなく世界2位でも良いのではないかという稚拙な考え方は間違っており、科学技術は全世界で果てしなく続く競争である」

「いとも簡単な科学技術予算に対する仕分けは、後世歴史の判断を受ける覚悟の上のものなのか」

「科学技術は我が国の生命線であるという認識が必要である」

などと語気を強めながら語られました。

 次世代スーパーコンピュータやGXロケットなどの宇宙開発にみられる最先端科学技術に関わる長期的戦略を勘案した「科学技術創造立国」こそ、今日本に求められていると確信しています。

 短期的視点に立ち、ムダに対する哲学もない短絡的な判断を下す科学技術素人集団ではなく、本来の専門家の意見にしっかりと耳を傾けるべきでしょう。

 先般の毛利元宇宙飛行士の仕分けチームに対する逆襲も記憶に新しいところです。

 ここは是非民主党議員の理解ある応援も求め、また著名な科学者の皆さん英知を早急に結集することにより、マスコミを通じて世論に訴えかけるべきとの意見を私も述べた次第です。

 日本の生命線である科学技術の発展を何としても守っていかなければなりません。

« 第10回元気えひめの会 | トップページ | 半島振興対策促進大会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第10回元気えひめの会 | トップページ | 半島振興対策促進大会 »