« 今治市管工事業協同組合 忘年会 | トップページ | 天皇陛下のお誕生日をお祝いする集い »

2009年12月22日 (火)

自民党復活への道ー政策検証会議ー

 12月18日以降 地元べったりで活動を続けています。恐らく次の上京は1月後半の通常国会開会日前後まではない見込みです。

 この間にしっかりと地元の皆さんとの絆を深め、様々な課題に真摯に耳を傾けようと思っています。

 ところで、12月20日・21日の両日、地元選出の我が党国会議員4名全員と県議団幹部との合同で、政策検証会議を開催致しました。P1090085

 この会議は、民主党政権による事業仕分け作業の結果に喘ぐ団体や、先行きの見えない次年度予算編成作業を不安視する団体等の意見をしっかりと吸収し、野党と言えども政府に対して主張すべきは主張するとの観点から開催されたものです。

 初日は厚生労働団体及び運輸関係団体、二日目は商工団体及び水産団体の代表の皆さんと忌憚のない意見交換を行うことができました。

P1090073_2  特に医療費・診療報酬のあり方、暫定税率廃止問題や高速道路無料化、商工水産団体や水産団体への補助金・助成金大幅カットやまちづくり関連予算のカットによる影響などについて、その政策に対する疑問や不満が数多く出されました。

 24日には、建設・福祉・農林の各団体とも意見交換をする予定です。P1090036_2

 この会議は、我が党が野党に転落した後、民主党連立政権の迷走ぶりにあきれている有権者の多くが、「されども自民党の動きが見えない」との意見を持っているという実態に即応して開催されたものです。

 党本部においては、政権構想会議において我が党の理念や保守のあり方等について現在議論を重ね、党綱領の見直しや、活動方針・新たな政策の立案を提言すべく活動中です。

 しかし、地元は我が党のよりスピーディーな対応を求めています。

 従って我々は自民党愛媛県連として、発信すべきは発信し、少しでも早く自民党復活へ向けて試行錯誤を繰り返して行かなければならないと確信しています。

 私共は8月30日の選挙結果を十分に検証反省し、与党であれ、野党であれ、ふるさと愛媛のため、そして愛すべき日本のために、是々非々の立場で多くの主張をしていかなければならないとの決意をもって前進したいものです。

 この会議の模様は地元マスコミにも大きく取り上げられ、県民の皆さんの反響も小さくないようです。

 今後この会議を定例会とし、さらなる新たな提案を出し続けていこうと思っています。

« 今治市管工事業協同組合 忘年会 | トップページ | 天皇陛下のお誕生日をお祝いする集い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今治市管工事業協同組合 忘年会 | トップページ | 天皇陛下のお誕生日をお祝いする集い »